特集記事

Uターン就職で奨学金がもらえる!?

Uターン就職で奨学金がもらえる!?

Uターン就職とは?

Uターン就職とは大学や専門学校への進学を機に上京した若者が
地元で就職活動を行い地元で就職することです。
東京以外にも、大阪、名古屋等の地元以外への地方都市へ進学したにも拘わらず
地元に戻って就職することを指す場合もあります。

Uターン就職のメリットとは?

Uターン就職のメリットはやはり、家族が近くにいる、
周りに友人が多い等の人脈的な面が大きいでしょう。
大学では関係の薄い友人しか作れなかったという方も多いです。
しかし、これに加えて最近ではUターン就職した人には
奨学金を与えるといった自治体が出てきています。

Uターン就職のデメリットとは?

都会の学校の進学をし、
都会の生活に慣れた方は再び地元で暮らすということを苦に感じ方もいるかもしれません。

都会と田舎の生活は大きく違います。
例えば、車の必要度。ある程度の都会なら公共交通機関が発達しており、
就職しても車を持たないという人もいますが田舎ではそうはいきません。
Uターン就職をすることで地域によっては奨学金免除等のお得な面がありますが、
こうした問題を熟考した上で決断されることをお薦めします。
私は一時期Uターン就職を考えましたが、希望する業種が自動車免許不要なことと、
それに伴い免許の修得をしなかったことから進学先で就職することを決めました。

なぜUターン就職で奨学金をもらうことができるのか?

現在日本では東京一極集中が進み、地方の過疎化が問題視されています。
これに加えて少子高齢化の問題も重なり、地方に若者がいない現状があります。
若者がいないということは地方の衰退に繋がります。
そこである自治体はこの問題を解消しようと、
Uターン就職者への奨学金制度を実施したのでしょう。

実際に奨学金制度を行っている自治体は?

現在Uターン就職者への奨学金制度を実施している例として、
長野県飯田市が挙げられます。
具体的には、学生時代に借りた奨学金の1/3を市が負担してくれるというのが
飯田市の奨学金制度となっています。
また香川県も同じような制度を実施しています。
実際に香川県がUターン就職者の奨学金免除制度を100名程度の採用枠で設置したところ
数千人規模の応募があり、若者がいかに奨学金返済に苦しんでいるかということがわかります。

Uターン就職者の奨学金のこれから

上述した日本の問題により、
こうした奨学金制度を設ける自治体は増えていくのではないかと考えられます。
進学先の地域や都会に特に思い入れがなく、
地元に帰って就職したいという方には打ってつけの制度でしょう。
なおこうした制度の詳細は地域によって異なりますので、
ご自分でご確認されることをお薦めします。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ