/category/column/post-1369/

特集記事

  • お気に入り
  • 546SCORE

【留学したいと思っている人必見】  大学生の間に留学するメリット

【留学したいと思っている人必見】  大学生の間に留学するメリット

「折角の大学生活の間に夢だった留学をしてみたい!」

このように内心考えている人が実は結構いるように思う。
私が運営する就活スクールでも、毎年留学するために留年という進路選択をする学生がいる。
ただ大半の人が「留学してみたい」と思っていても、思っているままで結局行かずに後々社会人になってから後悔することになっているように思う。

私の個人の意見としては「ぜひ留学をしてみて欲しい」と思っている。もちろん経済的事情等でそう簡単には決められない人もいるだろう。しかし昔と違い今は奨学金制度も色々と整っている。そのような制度を利用して是非とも挑戦して欲しいと思う。

私自身は留学をした訳ではないが、今回は就活スクールの講師としてこれまで色々な学生から聞いた意見を総合して、《留学するメリット》をご紹介していく。留学してみたいと少しでも思ったことある人は、ぜひご一読頂きたい。

留学するメリット1:語学力が身に付く

 留学する最大のメリットは「語学力」が身に付くことだろう。もちろん日本にいても独学で英語を勉強し、例えば英語であればTOEICで800点以上の高得点を獲得することも充分に可能であるし、そういう人もかなりいる。
 しかしやはり留学した人の意見を聞くと、リスニング力とスピーキング力は留学したからこそ身に付いた、と言う人が多い。海外の映画やドラマを見て勉強している人もいると思うが、やはり生の英語に直接触れるからこそ学べるものもあるのだろう。

留学するメリット2:就職活動で有利になる

特に最近、日本企業はグローバル人材を強く求めている。そうした時に留学経験のある人の方がやはり就職活動でも有利になることがある。もちろん1週間の語学留学では就職活動でアピールするのは難しいかもしれない。しかし半年、出来れば1年以上の留学経験があれば、それだけで就職活動が有利なる。
 具体例を1つあげると、留学経験のある人しか参加出来ないような「キャリアフォーラム」と呼ばれるものがある(キャリアフォーラムについて知らない人は、私がこれについて書いた記事があるので、是非読んでみて欲しい)。もしグローバルで将来働きたいという思いがある人は留学経験が将来的に役立つことがあるかもしれない。ぜひチャンスを広げて欲しい。

留学するメリット3:外国の友達が出来る

留学する魅力の1つは留学先で友達が出来ることだろう。これも留学した人が言っていたことだが、海外に友達が出来たお陰で旅行する時に泊めてもらったり、逆に相手が日本に遊びに来て自分の家に泊めてあげるなどの交流が今でもあって楽しいと言っていた。日本人以外の友達がいるのは、それだけで将来あなたのチャンスが広がるに違いない。

留学するメリット4:留学中に海外旅行が出来る

「留学中にその国の中や隣の国を旅行して楽しかった」という意見も多い。例えばヨーロッパのイギリスに1年間留学していたある学生は、大学の夏休み中に1ヶ月間くらいかけてヨーロッパ中を旅し、それが今でも最高の思い出になっていると言っていた。また私が運営する就活スクールにいたある学生もアメリカ留学中に「日本にいるとなかなか行き難いからこの際折角だし」ということで、ブラジルやアルゼンチンなど南米を旅したと言っていた。
普段日本にいては行く機会がないところに行けるのも留学の魅力の1つである。

以上が私の聞いた「留学するメリット」である。正直私もこれらの話しを聞いていると「学生時代に留学しとけば良かった」と思う。
 最後に留学しようか迷っている人に向けた私からのアドバイスだが、留学するならば今である。以前は留学しようにも費用が高くてなかなか行けなかったが、現在は「インターン+語学研修」などの留学プログラムや、インターンとして働けば留学費用がタダになるという留学プログラムも存在する。また奨学金制度もかなり整ってきているので、留学するハードルは下がっている。
 学生時代というのは時間が無限と言っていいほどある。恐らく社会人になってしまうと留学すること自体が人生をかけることになってしまうかもしれない。もしあなたが「留学自体に不安がある」ということで迷っているのであれば、学生時代の今だからだと思って留学にぜひ挑戦してみて欲しい。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ