/category/column/post-2246/

特集記事

  • お気に入り
  • 515SCORE

【これだけはやっておけ!面接事前準備集!】

面接直前は、誰だって緊張しますよね。何も手につかず、頭が真っ白になってしまう経験をした方もいるのではないでしょうか。
今日は、そんな面接直前の過ごし方に関する記事です。内定者の先輩の声ですので是非ご確認ください。

会社の特徴に目を通しておきましょう

会社案内や企業のホームページを見て会社の概要を頭に入れておきましょう。
御社のこんな特徴の元で働きたいということを話せば会社にも企業研究をきちんとしていることが伝わります。
突っ込まれて聞かれても言いように、面接で用いる情報はとことん調べておきましょう。

自己PRをまとめておきましょう

ほとんどの面接で聞かれる自己PRですが、聞かれるとわかっていてもその場ではうまく話せないものです。
声に出して何も見ずに自分の言葉で話せるように練習しておきましょう。
声出し練習はするのとしないとでは大きな差が出ますよ。

志望動機はその会社仕様のものになっていますか

希望している業界の志望動機がすべて同じでは同業他社でもいいのではないかと思われてしまいます。
その業界の中でもなぜその会社を選んだのかを盛り込んでください。
あなたの語る志望動機に他の学生との差が付きますよ。
志望動機の使いまわしは避けて下さいね。

面接会場は把握していますか

面接会場の場所は把握していますか。
当日その場で見つからないように、入念に場所をチェックしておきましょう。
会場に早めにつけるように計画的に家を出ましょう。
また履歴書や印鑑などの持って行くべきものももう一度確認しておきましょう。

睡眠はとれていますか

さて、すべての準備ができたら前日は早く寝て下さい。
寝不足の腫れぼったい顔を面接官に見せるのですか。
面接の数分の中で最大限のいいあなたを見てもらえるように体調も万全に整えましょう。
面接官はたくさんの学生を面接しているのです。
眠そうな学生とそうでない学生がいたら、眠そうなだけで第一印象は悪くなりますよ。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ