/category/column/post-22964/

特集記事

  • お気に入り
  • 2053SCORE

【ベンチャー派?大企業派?】どちらも内定もらったら・・・

【ベンチャー派?大企業派?】どちらも内定もらったら・・・

 
こんにちは!とっきーです。
 
突然ですが、皆さんが新卒で就職したいのは
ベンチャー企業ですか?大企業ですか?
これは就活生なら誰しもが考える悩みの一つではないでしょうか?
 
どちらにも良い所、悪いところがあります。
理想のキャリアプランをしっかり考え、
どちらが自分がしたい働き方に合っているのか見極めることは大切ですよね!
 
今回は、ベンチャー企業と大企業それぞれの特徴から、
メリット・デメリットについてまとめてみました!

 
画像引用: http://lvjcc0822.blog60.fc2.com/blog-entry-346.html

 

【大企業で働くメリット5選!】

 
① 『研修がしっかりしているため、ビジネスの基本を学べる。』
 制度が整っていることはもちろん、大企業の方が、比較的ゆとりのある働き方をしている人が多いそうで、
後輩の教育にじかんを割いてくれるようです。

② 『転職活動で有利。』
  経験は、いずれベンチャー企業に移って大手企業を相手にビジネスをすることになった場合に活きるはず。

③ 『 豊富な情報・人材を生かして仕事ができる。』 
  確立されたノウハウやマニュアル、各分野のスペシャリストなど、
豊富な社内資源を有効活用することで知識やスキルを得ることができます。

④ 『大きな仕事ができる。』
 大きな予算を組めるので、仕事のスケールが大きいです。
そこにやりがいを見出せる人はいいかもしれませんね!

⑤ 『残業代とボーナスは圧倒的に大企業が良い!』
 基本給はベンチャーと大差がなかったりするが、ボーナスの金額は大企業が圧勝なのだそうです。
 
~他にもメリットが!~
 
『男性はモテる!』
やはり中小企業やベンチャー企業よりもまだまだ安定度合いは大企業の方が高く、
福利厚生なども整っているため、安定志向の女性方達から見れば、魅力的に映るのは当然ですね!
 
画像引用:http://gigazine.net/news/20130917-ex-soviet-challenge-india/

【大企業で働くメリット5選!】

【ベンチャー企業で働くメリット5選!】

 
①『経営者の近くで常に学べる!』
様々な業務をこなしながら知識や経験を積むことができます。

②『チャレンジができる環境やチャンスが多い!』
重要な仕事も任せてもらえるため、やりがいがあります。
そして、経営陣との距離が近い分、自分の意見を採用してもらえる可能性が高いです!

③『仕事のスピード感が違う!』
 同じことをずっとやっていられない、飽き性な人にはベンチャーが合っているのかもしれませんね!

④『自信がつき、リラックスして仕事ができる!』
 リスクの大きなことに挑戦していくため、達成した後には自信につながるのだそうです。

⑤『自分と同じ志を持った仲間と仕事ができる!』
大企業から転職してきた優秀な人や、自分と同じような熱意をもった人達と、
新しいことに挑戦して事業を大きくしていくことが楽しいそうです!

~他にもメリットが!~
 
『若いうちから、経営トップの人達と仕事で付き合える可能性がある!』
少人数の場合、企業の顔として大企業のトップの方々と知り合う機会が増えると言われます。
 
画像引用:http://barktoimagine.com/blog/1489

【ベンチャー企業で働くメリット5選!】

【大企業で働くデメリット5選!】

 
①『リストラ・倒産した際に潰しが効かない。』
 その企業の専門的なことばかりするため、万が一の際に、
同業種の企業以外では仕事がしにくくなってしまうのだそうです。
 
②『転勤が多い。』
 幸せな家庭を築くために大企業に就職したものの、転職で家族と離れた生活を余儀なくされて、
大企業に就職した事を後悔する人も多いようです。
 
③『スピード感がなくてマンネリする。 』
  一人が頑張っても、それがそのまま会社の利益に繋がる感覚がないといいます。
 
④『新しいことをするのは難しい。』
社内の派閥や政治圧など、様々なしがらみがあり自分の希望は通らないことが多いのだそう。
 
画像引用: http://matome.naver.jp/odai/2141945381245166801/2141945596645468803

【大企業で働くデメリット5選!】

【ベンチャー企業で働くデメリット4選!】

 
①『急に経営が不安定になることがある。』
 自分たちの事業領域に大企業が参入すると、途端に経営が傾く危険性があります。

②『相当な努力が必要になる。』
 一人ひとりの裁量が大きくなるため、自分の失敗が会社全体に響く可能性があるのです。

③『福利厚生が整っていない。』
 各種保険制度など、通常では整っていると思われる制度がないことも多々。

④『入社のタイミングを間違えると大変。』
 創業時に近い時期から入ってリスクをとっている人の方が
立場は上になるという制度を採っている企業が多いようなので、
新卒から入った企業が急成長すれば最高。その逆は・・・。
 
画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/a/bab3c52c.jpg

【ベンチャー企業で働くデメリット4選!】

【まとめ】

 
各自の働き方に合ったほうを選択しましょう!

大手企業が最善の選択となる人もいれば
ベンチャー企業が最善の選択となる人もいます。

自分としっかり向き合って考えてみてください!

あわせて読みたい記事はこちら!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ