/category/column/post-23130/

特集記事

  • お気に入り
  • 6962SCORE

【話題沸騰中】「オワハラ」ってナニ!?

【話題沸騰中】「オワハラ」ってナニ!?

みなさん、こんにちは!
学生ライターのりんです!
 
みなさん「オワハラ」という言葉を聞いたことがありますか?
2016年度の就活では、この「オワハラ」が問題になっているようです。
 
私が昨年2015年度の就活をしていた頃には、
まだ「オワハラ」という言葉は浸透していませんでしたが、
実際に何度か遭遇したことがありました・・・!

就活終われハラスメントの略

「オワハラ」とは「就活終われハラスメント」の略で、
内定を出す際や、出した後に、他社の選考を受けさせないようにすることです。
 
「せっかく内定を出したのに、他社に取られたくない」
という企業側の考えから、オワハラが行われているみたいですね。
 
しかも、就活生側も、
受ける企業を絞りすぎるのは怖いから、少しでも良いと思った企業の選考は受けますよね。
 
しかもしかも、大抵の場合、
「御社が第一志望です!!!!」って言っちゃいますよね!
 
そんな就活生の建前を、
「内定あげるから~」と就活生が欲しくてたまらない内定を餌に見抜こうとするのです!

パターンその1「今この場で辞退しろ!」

パターンその1「今この場で辞退しろ!」

選考の中で、
「うち以外でどんな企業を志望していますか?」
「他社の選考状況はいかがですか?」
などと、質問して具体的な企業名や選考状況を聞きだしておいて、
 
「うち以外の受けている会社、この場で電話して辞退してくれたら内定あげるよ」
 
と条件を出して辞退を強要するパターン。
 
いくら他社に取られたくないからって無理難題を・・・って感じですね。
こんなこと言い出す企業は、入社すること自体オススメしないですが、どうしてもその企業から内定が欲しければ電話するしかないようです。
 
「電話番号が分からない」や「繋がらない」は通用しません。
 
具体的な企業名を伝えていない場合は、
志望度の低い企業に電話をして辞退する姿を見せて納得してもらうのも手ですね。

パターンその2「辞退するよね?当たり前だよね?」

パターンその2「辞退するよね?当たり前だよね?」

「うちに来るんだから、他社の選考は受けないよね?」
 
パターン1のどストレートなオワハラに対して、ジリジリと精神的な攻撃をしかけてくるタイプのオワハラ。
 
実際に遭遇したことがあるんですが、
「辞退しろ」という命令ではなく、「辞退するよね?当たり前だよね?」という雰囲気を出して同意を求めてくるんですね・・・。
 
「面接を沢山受けて度胸をつけたいんです!」
「自分の実力を試したいんです!」
と食い下がると、
 
「行く気がないのに、面接受けるなんて、時間の無駄だし、その会社にも失礼だよね?」
と更に投げかけてきました。
 
本音では、
「すべての選考を受けてから、どこに行くか決めます!」
と言いたいところですが、それを言ったら内定をもらえないかもしれないと思うと中々言えないですね。
 
このパターンは、確認を取ってこないので、
「就活やめます。御社に入社します。」と伝えて内定をいただきましょう。
その後、就活を続けても、確認が取れないので大丈夫です!

パターンその3「内定者向けイベントの嵐」

パターンその3「内定者向けイベントの嵐」

懇親会だったり、社員から食事に誘われたり、企業との親睦を深めさせて内定を断りづらくさせる心理的オワハラ。
 
「社員さんに良くしてもらったからな・・・」
「断わったら申し訳ないな・・・」
と、企業に対して情が湧いてしまって断わりづらくなってしまいます。
 
このパターンは本当に自分との戦いです!
親睦を深めるうちに志望度が上がったなら、入社して構わないと思いますが、
断わりたいと思ったら、心を鬼にして断わりましょう。

パターンその4「他の選考を受けさせない毎日呼び出し」

パターンその4「他の選考を受けさせない毎日呼び出し」

こちらは物理的オワハラ。
毎日面接や、面談、イベントを入れることで、他社の面接を受けさせないようにするパターンですね。
 
昨年は、大手企業が面接を解禁する4月1日~3日に内定者研修をかぶせるという、とんでもない物理的オワハラを仕掛けてくる企業もあったようです。
 
このパターンを回避するには、
「親族の用事で・・・」「卒論の発表が・・・」と理由をつけて、欠席させてもらいましょう。

まとめ

様々なオワハラのパターンと対処法をまとめました!
 
せっかくもらった内定で頭を悩ませることになるなんて・・・
就活って大変ですよね。
 
正直に迷っていることを伝えて待ってもらうのがベストですが、
全ての企業でそうはいかないようです。
 
中には誓約書を書かせる企業もあるようですが、
誓約書を書いてしまったからといって内定辞退すると罰せられるということはありません。
「他の企業が・・・」と正直に話してしまって内定をもらえなくなってしまうならば、
大人しく承諾書を書いてしまいましょう!
 
オワハラを受けても
 
企業側に就活生のチャンスを摘み取る権利はない!
10月の内定式までは、入社する企業を悩む権利がある!
 
と強気で、納得するまで就活を続けましょう!

あわせて読みたい記事はこちら

 

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ