/category/column/post-23822/

特集記事

  • お気に入り
  • 3064SCORE

【つけてないと減点も?!】就活生がするべき腕時計のマナー 

【つけてないと減点も?!】就活生がするべき腕時計のマナー 

こんにちは!とっきーです。
皆さんは普段腕時計をつけていますか?
今はスマホで正確な時間をチェックできるので、していなくてもあまり不便とは感じないですよね。
普段はおしゃれアイコンの一つとしてつけている、という人がほとんどだと思いますが、
就活において、腕時計には他に大切な役割があるのです。
就活のためにわざわざ高価な腕時計を買う必要はありませんが、
面接官の中には腕時計をしていない就活生にマイナスのイメージを抱く人もいると聞きます。
 
今回は就活生が気にするべき腕時計のマナーについてまとめてみました!
どんな点に気を配るべきなのかを知り、万前な準備で面接に挑みたいですね♪
 
画像引用:http://magazine.campus-web.jp/career/appearance

【就活生に腕時計は必要?】

 
実は就活において、腕時計は必須なアイテムではありません。
しかし、つけている人の方が面接官には良い印象を与えることが多いため、
準備しておくべきなのです。
 
それにはちゃんとした理由があります。
① 腕時計はしていて当たり前という風潮
全員ではないですが、多くの面接官は「スーツ姿には腕時計をつけていること当たり前だ」という考えを持っています。
身だしなみのマナーとして時計を認識している人からすれば、それは一種のマナー違反だと思われても仕方がないですよね。
 
② 面接中に時間を気にしなければならない事がある。
「3分程度で自己紹介をしてください。」
「10分程度で考えをまとめてください。」
面接やグループワークの場でそう言われた時に、スマホを取り出して時間を確認する人と、
腕時計をちらっと見て確認する人とでは、面接官に与える印象は異なります。

画像引用:http://danseigift.com/colum3/

【就活生に腕時計は必要?】

【腕時計を選ぶ際に気にするべきマナーには男女で差がある?】

 
腕時計の必要性を伝えたところで、
次に「腕時計を選ぶ際に気にするべきポイント」を紹介したいと思います。
 
実は男女によって許される範囲に若干の違いが出てきます。
男子学生の場合、ビジネスライクな時計がふさわしく、カジュアルな時計は避けるべきです。
女子学生の場合は、ビジネスライクを意識しつつも、あまりにも華美なものでなければ、許されるそうです。
 
画像引用:https://careerpark.jp/627

【腕時計を選ぶ際に気にするべきマナーには男女で差がある?】

【面接官が気にならないシンプルなものがベスト】

 
本体・文字盤は目立ちます。
ゴツイ本体、かつ金色の文字盤の時計は明らかに悪目立ちしてしまいます。
それに厚い本体だと、シャツの腕部分を締めた時に見た目があまりよくないです。
薄目の本体、落ち着いた色の文字盤、そしてシンプルな三針の腕時計の方が見た目がいいようです。
 
ベルト部分はステンレスでも革でもいいでしょう。
ただ、革ものには様々な色があるので、なるべく落ち着いた色の方が目立たずよいでしょう。
 画像引用:https://www.seiko-watch.co.jp/whatsnew/pressrelease/20091112/

【面接官が気にならないシンプルなものがベスト】

【腕時計は身だしなみの一つ!】

 
ハンカチ、ネクタイ、腕時計、ベルト・・・。
カタチから入ることも大切です。
これからビジネスマンになる人として、小物までキチンとしている人の方が
清潔感があって信頼されるのではないでしょうか。
「細かいことにも気を配って準備をしてきた」ということが自信にも繋がりますし、
その姿勢によって面接官にも誠意が伝わると思います。
 
画像引用:
https://gakumado.mynavi.jp/contents/m/articles/style/_tu_shiseido/pc/article/article_k/index.php

【まとめ】

 
たかが腕時計で採用は左右しないかもしれません。
でも、念には念を入れて身だしなみはきちんとして、
用意周到に準備をしていきたいですね!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ