/category/column/post-25306/

特集記事

  • お気に入り
  • 333SCORE

【職種お勉強シリーズ】SEって何するお仕事?

【職種お勉強シリーズ】SEって何するお仕事?

SEという職業をご存知ですか。SEとは、システムエンジニア(System Engineer)のことです。

今回は、SEがどんな仕事なのか、ご紹介します。

画像引用元:http://liginc.co.jp/life/useful-info/31212

【システムエンジニアとは】

システムエンジニアは、システムの開発や設定、テストを手がける仕事です。

システムとは、様々ですが、ATMやスーパーのレジ、電車にのるときの改札など、自動で動くものの仕組みのことです。

現在、IT業界で重宝されている職業のひとつです。

システムエンジニアは、プログラマーよりも上流工程を担うことが一般的な区別とされています。

【システムエンジニアに必要なもの】

システムエンジニアになるために必要なものや、向いている人はどんな人かについて説明します。

システムエンジニアは、ITの技術は欠かせません。
また、ITの中でも、特定の分野について詳しかったり、特定の分野の技術を持っている人のほうが、それに特化した仕事をしやすいと言われています。

また、日々進化しているIT業界のなかでは、トレンドに敏感でなければなりません。
新しい技術などに興味を持ち、より新しい情報を持っている人が重宝されます。

他にも、クライアントや、複数のシステムエンジニアで作業をすることもあるので、協調性が必要です。
加えて、普段は機械と向き合って作業することが多いですが、システムの方向性や詳細の内容を決めるときには人とコミュニケーションをとることが欠かせません。

コミュニケーション能力があり、緻密なことまでコミュニケーションを図れる人の方が、良いシステムエンジニアになれるでしょう。

【システムエンジニアに必要なもの】

【システムエンジニアの給与は?】

気になるのが給与ですね。
時給換算すると、だいたい1200〜2000円が普通です。
年収は、大学卒業後の新卒で入社した場合、30代で450万円程度、40代で650万円程度が一般的です。
外資系であればその倍以上の年収になる場合もあります。

画像引用元:http://irorio.jp/asteroid-b-612/20130618/64575/

【システムエンジニアの給与は?】

【まとめ】

SEになるのは決して簡単なわけではありませんが、その分の年収なども見込めそうですね。
また、自分が構築したシステムが社会で利用され、便利になっていくことを考えると、やりがいもある職業です。

手に職という面ではこれからの時代強いでしょうし、
何より現代ではシステムがなければ生活が成り立たないくらいに、
私達の生活はSEに支えられています。

そんなSEという仕事、いかがですか?

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ