/category/column/post-25429/

特集記事

  • お気に入り
  • 1401SCORE

【3年後3割離職の常識を破る】新卒離職率が低い企業5選

【3年後3割離職の常識を破る】新卒離職率が低い企業5選

せっかく激戦を勝ち抜いたのに、様々な事情で辞める人は後を絶ちません。
理由は千差万別ですが、
辞める人の少ない企業は、やっぱり一考の価値があるんじゃないでしょうか?
 
そこで今回は3年後離職率の低い企業を特集します。
 
(ランキング参照:東洋経済「就職四季報」)

◆JT

言わずと知れた、日本たばこ産業ですね。
タバコだけではなく、食品や医薬品まで扱っています。
禁煙ブームの流れの中、タバコ意外の事業が好調です。
 
(画像引用元http://www.jti.co.jp/tobacco-world/torikumi/bunen/consul/case/office/special/03/index.html)

◆JT

◆日産自動車

社内託児所の設置等、女性の働きやすさの点でも注目したい日産自動車。
女性だけでなく、全社員にとって居心地の良い会社であるようです。
 
(画像引用元http://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/)

◆日産自動車

◆日本電信電話(NTT)

NTT系列の各企業は、就職先の人気ランキングでも毎年上位にランキングされていますね。
やはり、それだけの理由があるのです。
HPには仕事内容から、求める人材、人物像等、かなり詳細な情報が満載されています。
きっちり読み込んで望みたいですね。

◆JFEエンジニアリング

文系の就活生の皆様には少し馴染みが薄いでしょうか?
日本鋼管と川崎製鉄の統合時に、両社のエンジニアリング部門をまとめた会社です。
規模の大きな海外プロジェクトも多く、グローバルな活躍も望めますし、長い歴史を持つ優良企業だけに保養所などの施設や福利厚生制度の充実ぶりも魅力です。
 
(画像引用元http://www.jfe-eng.co.jp/saiyou/company/index.html)

◆JFEエンジニアリング

◆住友ゴム工業

世界6位のタイヤメーカーとして知られる住友ゴム工業。
欧米ではグッドイヤーとの合弁事業も進んでいます。
もとはイギリスのタイヤメーカー・ダンロップの日本工場として設立された会社です。
石油以外の天然資源から作るタイヤ「エナセーブ100」は世界初の試みとして注目を浴びています。
 
(画像引用元http://www.srigroup.co.jp/csr/)

◆住友ゴム工業

◆まとめ

ここに紹介した企業はいずれも、50名以上の採用なのに3年後に離職した人が1人もいない企業ばかり。
採用側のよる雇用のミスマッチが起きないような努力もあるでしょうし、
社員待遇の良さ等もあるでしょう。
 
せっかく激戦を勝ち抜いて就職した会社。
ぜひ長く働き続けてくださいね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ