/category/column/post-25487/

特集記事

  • お気に入り
  • 990SCORE

あなたならどうする?服装自由の面接には私服で行く?スーツで行く?

あなたならどうする?服装自由の面接には私服で行く?スーツで行く?

就活をしているときに困ることの一つに、
面接の際の「服装は自由で」という言葉が挙がると思います。
 
「自由」ってどこまでの範囲を言うのでしょうか?
いつも着ているような普段着ということであれば、何でもいいのかな?と思われがちですが、決してそうはいかないということもわかっているかと思います。
 
今回は、そんな「服装自由」と言われたときの面接についてのお話をさせていただきます。

「服装自由」「私服」っていったいなに?!

「服装自由」や「私服」と言われた場合は、まず文章の書き方に着目しましょう。
 
「服装自由」や「私服でも可」と書かれていた場合は、「スーツを着用する」と考えた方が無難です。
服装自由と書いてきた企業の面接に本当に私服を着て行ってもかまわないかと思いますが、企業によっては「いや、普通はスーツで来るものでしょ」と思うところもありますから、一番無難で済む服装で面接に臨んだ方が自分のためですよね。

「服装自由」「私服」っていったいなに?!

「普段着」「あなたらしい服装で」と何が違うの?!

「服装自由」「私服でも可」と書かれていた場合は、スーツだと言いましたが、「普段着でお越しください」「あなたらしい服装で」と書かれていた場合はスーツではなく「私服着用」だと考えましょう。
 
よく見たらわかるかと思いますが、「服装自由」という言葉と「普段着で来てください」という言葉では少し違っていることに気づきませんか?
私服で着てくださいと書かれていているのにスーツで行った場合は、企業からの評価が下がるのは当たり前の話なのです。

「普段着」「あなたらしい服装で」と何が違うの?!

『私服面接』を行う企業側の思惑に踊らされないで!

私服面接を行う企業側の思惑というのは、TPOをきちんと考えることができるかどうかを見極めたいからです。
企業に入れば、いろんな取引先やお客様と会うことになります。
それなのに、場違いな格好をしてくるような人間を採用したくないのは当然ですよね。
 
また、相手の出方や反応を見ていると思いましょう。
決まっていない服装だからこそ、相手がどう出るかでその人となりを見ているということですね。

『私服面接』を行う企業側の思惑に踊らされないで!

私服を「ラフな格好」だと思うのはNG

私服と書かれていたから、いつも着ているラフな格好で面接に行く人がいます。
これでは面接官に怒られるか、面接さえもしてくれないかもしれません。
私服といわれたからと言って、どんな服装でもいいわけではありませんから、せめてオフィスカジュアルで臨むようにしましょう。
 
学生の多くは、私服というと普段着だと思っている人が少なくありません。
だから、ジーンズやスニーカーなどで面接に行ってしまいます。
これでは「清潔感」なんてあったものじゃありませんよ。

私服を「ラフな格好」だと思うのはNG

さいごに

アパレル系の企業であれば、自分のファッションセンスをアピールする必要がありますから、自分らしい格好をしてもいいかと思います。(限度があるかと思いますが・・・)
しかし、一般企業の場合であれば、奇抜さは必要ありませんから、清潔感のある格好をして面接に臨むようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ