/category/column/post-26455/

特集記事

  • お気に入り
  • 619SCORE

【後半戦前にもう一度チェック】就活を勝ち抜くためのビジネスマナー超基礎!

【後半戦前にもう一度チェック】就活を勝ち抜くためのビジネスマナー超基礎!

就職活動を始めると社会人に会う機会が多くあります。慣れないことで、緊張してしまい、ついつい失礼なことをしてしまうということもあるかもしれません。
そうならないためにも、普段からビジネスマナーを身につけておきたいものです。

今回は最低限身につけておきたい基本的なビジネスマナーを中心にお伝えします。

【ビジネスマナーとは?】

ビジネスマナーとは、仕事をする上で最低限必要なマナーのことです。
一緒に仕事をしていく仲間や、会社を跨いで関わる社会人の人に不愉快な思いをさせないために必要なことです。

仕事中に、関わる人を不愉快にさせないのはとても大切なことで、それだけで仕事の契約や商談がうまくいくかが変わってきます。

ビジネスマナーを身につけて、より良い仕事をしましょう。

【超基礎!第一印象は1度きりの勝負!】

第1印象がとても重要だということは、多くの人が知っている事実です。しかし、自覚をもって、本当に第1印象に気を使っている人は少ないのではないでしょうか。

着ている服にシワがないか、靴は磨かれているかなど、毎日気をつけておく必要があります。自分に合わないサイズを着ていたり、髪型が整っていない場合も、見た目の印象を下げてしまう要因になります。

そして、表情もとても大切です。気難しそうな表情で人と会うより、表情が明るく、笑顔でいるほうが気持ちが良いものです。
第1印象は、様々な要素で見られるということを忘れずに、つねに気を張っておく必要があります。

【ホウ・レン・ソウは徹底する】

「ホウ・レン・ソウ」という言葉を聞いたことがあると思います。これは、報告、連絡、相談のことを表し、働く上ではこの3つが大切だとされています。

報告は、自分より目上の人に対して行うことが多いので、いつ、どこで、なにをしたかなどが簡潔で明確にわかるように、伝えることが必要です。

連絡は、知っていないと困る情報が多いので、こちらも正確な情報を伝える必要があります。自分は理解しているつもりでも、連絡をした相手が理解できていなかったら意味のないことです。

互いに確認しながら、語弊や誤解のない連絡を行うようにしましょう。

最後は、相談です。

自分ひとりで判断できないことを相談したり、仕事についてわからないことや悩んでいることがあれば、迷わず口に出して、信頼のおける上司や先輩に相談をすることが大切です。

自分だけの判断で物事を決断してしまったり、心に溜め込んでしまうと、のちに会社全体に迷惑をかけてしまうような大事に発展することもあります。

会社で働く一員として、自分だけで責任が取れることではないので、わからないことや迷った際にはすぐさま相談するようにしてください。

【常に心に留めておくことが大切】

とても基本的なことが多いですが、最低限のマナーだからこそ、常に意識し、心に留めておく必要があります。

ついつい仕事に慣れてくると忘れてしまいがちだったり、仕事に追われて忙しい時に少しでも楽をしようと身だしなみを整えなかったり、相談を怠ったりすると、のちに大問題になることもあります。

ビジネスでは、日々の積み重ねが何より大事で、一つひとつの仕事を忠実に、確実にこなしていく必要があります。
それらを実行していくためにも、毎日、守るべきことは守り、気をつけるべきことは気をつけて仕事に臨むようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ