/category/column/post-27363/

特集記事

  • お気に入り
  • 831SCORE

【業種・職種別】面接で注意すべきコト

【業種・職種別】面接で注意すべきコト

就職面接で受ける質問には大体の傾向があるものです。そのため基本的な質問に対する受け答えはある程度事前に予想して準備しておくことは充分可能です。
しかし各業界別で求められる資質は異なってくるし、その業種ならではの質問も面接で受ける可能性は充分にあります。ここでいくつか具体例を解説していきます。

1. 営業職の場合は?

営業職で求められるのは何をおいてもコミュニケーション能力です。面接の際にも答えの内容と同じくらい明るくさわやかに受け答えができているかを重点的に見られていると考えて間違いないでしょう。
質問に答える時は軽いボディランゲージも交えて抑揚のあるしゃべり方を心がけてみてはいかがでしょうか。多少オーバーなくらいが面接官の印象に残り好首尾となる可能性は高いです。

2. 金融系の場合は?

近年でもっとも採用が活性化している業界が金融業界かもしれません。金融業界は良くも悪くも大きな変動を続ける市場です。そのため常に最先端の情報を仕入れているかは厳しくチェックされる可能性が高いです。そのため金融業界の採用面接では時事ネタに関する質問を多く受ける可能性が高いです。
そのため日頃からニュースのチェックは欠かさず、最低でも面接当日は朝刊にしっかり目を通しておきたいところです。

3. IT、通信系の場合は?

IT系の企業が求めるのは基本的には即戦力です。どの業種よりも現状のスキル面を重視した質問が多くなることが予想されます。
そのため積極的にスキル習得を目指すという向学心が買われる気質の強い業種ともいえます。
面接では、入社したらどんな業務に就きたいですか?といった質問を受ける事が多い戸お芋われます。その時にスキル向上に対する積極性をアピールできれば好印象を与える事が出来るでしょう。

まとめ

どの業種の面接でも受ける事の多い共通する質問は、ごく一般的な社会人としての適性を計られていると考えていいでしょう。
そして業界別にはその業界ならではの人材に対するニーズが存在します。そのニーズをしっかり把握する事で、面接における業種別の対策もおのずと見えてくるものです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ