/category/column/post-38662/

特集記事

  • お気に入り
  • 548SCORE

【必見】エリートと呼ばれるあの職業もロボットに取って代わられる!

【必見】エリートと呼ばれるあの職業もロボットに取って代わられる!

大学などの研究で、さまざまなメディアが、将来なくなってしまう職業を予想していますね。今、エリートと呼ばれている職業でも、機械化が進みロボットが代わりにやってしまうという予想もあります。

今後、ロボットや機械に仕事を取られてしまうと予想されている職業をご紹介します。

画像引用:http://kuriyaso.net/archives/1333

【記者】

インターネットの普及で、新聞の需要が減ってきています。インターネットでの情報発信の方がはやく、無料で読める記事の多さが要因になっています。

今後はさらに記者の数が減ると予想されています。
いずれは、機械が自動で記事を作成できるようになるという予想がされています。機械が正確に文章を作成できるようになる時代が目前に迫っているということですね。

【弁護士】

弁護士も、近い将来、需要がなくなると考えられています。

現在もインターネット上でのサービスで解決できるような簡単な内容、手続きのものが多いのにも関わらず、高い弁護士費用を支払っているということになります。

インターネットですべて手続きや情報管理をすることができれば、実際に会って話す必要もなく、双方が画面上で簡単に問題を解決できる時代が来ると言われています。

【宣伝担当】

会社の宣伝担当や広告業界も危ぶまれています。

SNSのような一つのコンテンツのなかで自由に広告を提示したり、会社の情報を公開できるようになれば、人の働きかけでの宣伝はほとんど必要なくなります。

現在も、SNSがそれに近い役割を果たしており、宣伝にお金を割けないベンチャー企業や中小企業などもインターネットを介して誰にでも情報発信ができるようになっています。

インターネット上やSNSでの宣伝は、低コストで素早く、また重ねて情報の公開ができるなどの魅力があります。

【まとめ】

これまで、有名企業や人気の職業、ごく一部の人しかできないとされていた職業が、機械の基本的な設定やメンテナンスができるようになるだけで、あとは機械が全ての手順を済ませてくれるようになる時代が、もう目前まで迫っているということですね。

今も、機械にできるからといって、全てを機械に任せてしまって良いのかという議論もなされています。
人として働くことの意味を、技術の発展とともに改めて考えたいものですね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ