/category/column/post-39825/

特集記事

  • お気に入り
  • 1168SCORE

【Why?JapanesePeople!?」現役IT役員・厚切りジェイソンが就活の本質を突いている件

【Why?JapanesePeople!?」現役IT役員・厚切りジェイソンが就活の本質を突いている件

みなさんは、「厚切りジェイソン(本名:ジェイソン・デイヴィット・ダニエルソン)」なる人物をご存知でしょうか。日本でIT関連会社の役員を務めながら、お笑い芸人をしているアメリカ人です。
実はいま、彼がTwitterで就職活動中の学生に向けたメッセージが、話題沸騰中なのです!

画像引用:http://www.ibta-arabia.com/Training_Center/Why

「厚切りジェイソン」はこんな人

2005年から1年間、日本に滞在したジェイソンさんは、テレビで見た『エンタの神様』(日本テレビ系)の面白さにハマってしまったそうです。
いったんはアメリカに帰国しますが、「お笑い芸人になりたい!」という気持ちで、再来日を決意。ところが、お笑い芸人になるだけではビザが下りないため、日本のIT関連企業「テラスカイ」に就職しました。
こうして無事に再来日した後に、会社に勤めながら「ワタナベコメディスクール」に入学。卒業後の2014年に、「厚切りジェイソン」の芸名でデビューしました。
現在は、「テラスカイ」の会社役員を務めながら、お笑い芸人を両立させています。
そんな「厚切りジェイソン」のネタは、漢字の不思議。
たとえば、「銅という文字は、“金と同じ”と書くのに、違う物質である」「円は丸いことを意味するのに、文字が四角形で構成されている」など。ネタの後には、「Why Japanese People!? Why!?(なぜなんだ、日本人!?)」と絶叫しながらツッコミを入れ、最後に「もうこんなことなら、これ以上、漢字を覚えるのは諦めます! 以上!!」と締めるのがお決まりとなっています。

Twitterの発言が秀逸!

厚切りジェイソンは、ピン芸人の登竜門ともいわれる「R-1ぐらんぷり」で決勝まで進出した実力の持ち主。当時、芸歴はわずか4か月という短さでありながら、外国人初の決勝進出ということでも、大きな話題となりました。
そんな彼の人気をいっそう加速させたのが、Twitterでのつぶやきです。
トークアプリ「755」の公式アカウントで、厚切りジェイソンが就活生や社会人からの悩み相談を始め、それをTwitterアカウントに共有したことで、一気に拡散。
仕事のモチベーションを上げたいという相談には、「嫌いな仕事で頑張っても楽にならない。より好きなことで頑張った方がいい」と返すなど、ガチで回答しているその内容が秀逸すぎて、「さすがIT企業の役員!」と絶賛されているのです。

就活生に向けた的確なアドバイス

「就活しているけど中々決まらなくて悔しい……。何かいいアドバイスはないですか?」
そんな悩める就活生に、厚切りジェイソンはこう返しています。
「面接対応を練習している? 言いたいこと、アピールしたいことを伝わっている?目指している企業が自分のスキルとやりたいことに一致している?」
また、別の就活生が「IT業界(SIer)志望しています、なにかアドバイスあれば教えてください」と書き込めば、厚切りジェイソンは「尊敬出来る経営者と先輩がいるところを目指せばいい。周りに活躍している人を見て、こうなりたいと思える人がいるところ」と返しました。
「TOEIC来月受けるんだけどめっさ自信ナス! プリーズギブミーアドバイス!!」
こんな要望にも、厚切りジェイソンは真摯に答えます。
「TOEICはどうでもいいよ。話せるかどうか、コミュニケーションが取れるかどうかが大事。TOEIC高得点の人が全く英語話せないパターン多いからTOEIC信頼しない。日本が資格社会だけど、紙自体はなんの意味もありません。TOEIC受けたことない英語べらべらの人も多いから。アドバイスとして、スコアを気にしないこと。とりあえず英語話せるようになりたければ英語で話せばいい」
いずれも、就活の本質を突いた回答ではないでしょうか。

社会人からも大絶賛の嵐!

「働いても働いても……生活は一向に楽になりません。精神的にも辛くなった状況で、どうモチベーション上げて前向きにやっていこうか……」
こんな、社会人からの悲痛なメッセージに、厚切りジェイソンは優しくこう答えています。
「嫌いな仕事で頑張っても楽にならない。人生の結構な割合が仕事に費やすから、より好きなことで頑張った方がいいかもね」
さらに、転職するかどうか悩む人にも、的確なアドバイスをしている。
「なんで仕事は嫌なのかを深く理解しきって、現職でそれを変えられないのか、も十分考えて、次の仕事も同じようにならないように何が必要かを分かってから決めればいいと思います」
なんだか、勇気がわいてきますよね!

まとめ

「自分は他人のことをすごく気にしてしまいます。自分のほうを向いてなにかヒソヒソと話しているのを見ると、すごく怖くなります。他人の視線や、評価をすごく気にしてしまいます。そんな自分を変えたいのですがなかなか変わりません。よければアドバイスいただきたいです!」
こんな質問に、厚切りジェイソンはこう答えました。
「大事なのは自分の評価だけです。他人の評価を得るために生きていれば、死ぬ直前にすべてが妄想に過ぎなかったことに気付くでしょう」
これも、就活に通じる言葉でしょう。就活も人生の一部。失敗が続いても、そのことで「自分はダメな人間だ」なんて思う必要はないのです。
このアドバイスを支えに、ぜひ、みなさんも頑張ってくださいね!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ