/category/column/post-40161/

特集記事

  • お気に入り
  • 869SCORE

【就活立て直し!】今からでも役立つ「就活本」5選

【就活立て直し!】今からでも役立つ「就活本」5選

気がつけばもう7月が終わります。いよいよ、就職活動も後半戦です。
それぞれに準備を進められていることと思いますが、
なかには、「ヤバい!面接に落ちまくっててどうしたらいいのかワカラナイ!」
「試験や面接の準備が全然できていない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時に頼りたいのは「就活本」。
しかし、量が多すぎる・・・批評サイトはあるものの、本当にいいものかどうかワカラナイ。
そこで!今からでも就活を立て直すのに役立つ、【amazonで評価の高い「就活本」】を紹介します!

【5位】『内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと』

就活のポイントをシンプルに解説
『内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと』
著者:田口久人
版元:ダイヤモンド社

テクニックで就活を乗り切ろうとして、失敗が続いている人にオススメの本。なんのために就活をして、社会人になるのか――そんな、根源的なことを教えてくれるとともに、就活における重要なポイントが、わかりやすく簡潔にまとめられています。
準備からOB・OG訪問、セミナー参加、スケジュールの立て方、エントリーシートの書き方、面接やグループディスカッションの肝など、すべて網羅されています。
レビューでも、「就活系のマニュアル本は何冊か読みましたが、この本を読んでから全部捨てました。上手くいかないのは、うわべだけのテクニックで何とかしなくてはならない、と思っていたからです」という、喜びの声が続出!
就活の流れがいまひとつ整理できていない方は、この本で確認するといいでしょう。

【5位】『内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと』

【4位】『一歩踏み出す勇気が出ないと思ったら読む本』

モチベーションを上げてくれる1冊
『一歩踏み出す勇気が出ないと思ったら読む本』
著者:長嶋哲夫
版元:セルバ出版

就活には、前に進む勇気が必要不可欠です。とはいえ、未経験なことに対して挑戦するのは、誰でも怖いものですよね。人生経験の浅い学生なら、なおのことかもしれません。
ですが、失敗することを怖れていては、内定を手にすることもできないでしょう。
この本では、自分に自信が持てるようになるまでの道筋が示してあります。まずは、ここに書かれてあることから実践してみるといいでしょう。
実際に、レビューでも「なぜ一歩踏み出せないのか、その改善策が学生目線でも分かりやすい言葉で丁寧に書かれていて、読んでいてスッと内容が入ってきました」「就活生向けの内容ですが、社会に出てからでも参考になります。(中略)自分に自信を持つきっかけが生まれるステキな一冊です!」などの声がたくさん上がっています。
なかなかモチベーションが上がらないという方にオススメです。

【4位】『一歩踏み出す勇気が出ないと思ったら読む本』

【3位】『無敵の就活パーフェクトナビ 2016年版(内定請負漫画『銀のアンカー』式) 』

就活生の悩みや疑問をいっきに解決
『無敵の就活パーフェクトナビ 2016年版(内定請負漫画『銀のアンカー』式) 』
監修:三田紀房・福島直樹
版元:TAC出版

成功する就活のテクニックや思考法、実践法が、この1冊で身につくと評判の指南本。
「まったく準備ができていない」「やりたいことがわからない」「自己PRにつながるような経験がない」という人でも、就活を7つのステップに分け、自分の「現在地」から「内定」までの道筋を案内してくれます。
就活に対する考え方はもちろん、驚きのテクニックも豊富に紹介されており、ほかの就活本とは一線を画した参考書となっています。
レビューでも、このように高く評価されています。
「就職活動の不安や悩みなど、具体的なアドバイスや体験などと共に分かりやすく解説してあります。活字も読みやすく、イラストなども入ってて普段読書から離れがちな方でもすんなり読めるのではないでしょうか。読んでいてなんだか勇気が湧いてくる様な、そんな1冊です」
これを読めば、内定にグッと近づけることでしょう。

【3位】『無敵の就活パーフェクトナビ 2016年版(内定請負漫画『銀のアンカー』式) 』

【2位】『エントリーシートで10社落ちたら手に取る本』

エントリーシートで惨敗続きの人にオススメ!
『エントリーシートで10社落ちたら手に取る本』
著者:土屋美樹
版元:辰巳出版

就活で勝つために、自分を研究し、それをうまく就活に行かすためのノウハウをわかりやすく解説している参考書。自己分析の方法や、クオリティの高いエントリーシートの作成法、面接対策まで、楽しく学ぶことができます。
また、就活は「自分を幸せにするためにするもの」ということも教えてくれます。
レビューでも、このように絶賛されています。
「これはホントにおススメです! この本はどうやったら幸せになれる仕事に出逢えるか、そして掴めるかということに重点を置いており、まさに就活の本質をついた1冊といえます。タイトルにはESに10社落ちたらとありますが、ぜひ10社落ちる前に読んでほしいです」
就活のバイブルとして、手に入れておきたいですね!

【2位】『エントリーシートで10社落ちたら手に取る本』

【堂々の1位】『英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋』

kindle 総合ランキング1位を獲得した参考書
『英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋』
著者:大石哲之
版元:tyk publishing

英語が得意なわけでもなければ、ほかにアピールできるスキルや経験のない、普通の大学生に向けた応援本。
「自分みたいな学生は、頑張ってもどうせ周りに負けてしまうのではないか……」
本格的な採用シーズンを前に、そんな不安を抱えて自信を失っている学生に、多くの「働く人」を見てきたキャリアアドバイザーの著者が、現実的なアドバイスを行ってくれます。
「志望動機で苦しまない方法」「視野を広げる方法」「人気企業ランキングの有効活用法」など、就活中の学生にはもちろん、社会人になってからも役立つ内容となっています。
レビューでも、このように評価されています。
「高度経済成長期に作られたレールに乗れない人、乗りたくない人に読んでほしい。テクニックで就活を乗り切るのではなく、本当に必要とされるスキルを身に着けて、社会に出よう!と学生にアドバイスします」
就活に対する意識が、根本的に変わる1冊です。

【堂々の1位】『英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋』

まとめ

こうした参考書で、ペーパー試験に向けた勉強法や、面接のための準備をしっかりしておけば、いまからでも充分間に合います。
ぜひ、最後まで諦めないで頑張ってくださいね!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ