/category/column/post-42415/

特集記事

  • お気に入り
  • 8180SCORE

【大手IT企業から内定をもらったが留年した話】

【大手IT企業から内定をもらったが留年した話】

○○○○(様/殿)
株式会社○○○○
代表取締役社長 ΟООΟ
または
人事部長 ΟООΟ
内定取り消の通知
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ながら)、(○○(様/君/さん)/貴殿)より、本年度(大学/専門学校/学校)を卒業ができない状況と(なり、内定の辞退を申し出 られたのを受けて/なったとの連絡を受けて(社内で/関係部署と/取締役会で)慎重に検討した結果)、平成○年○月○日付でご連絡した採用内定を(取り消 させていただきます/取り消す決定がなされましたことをここに通知します)。
弊社としては、当初より(大学/学校)を恙無く卒業されることを採用の要件としておりましたため、その要件に適合しないままでの採用は見送らざるを得ませんことをご理解いただきたく存じます。
 
なお、これまでお預かりしました(提出書類/履歴書等)(を同封いたしますので、ご査収ください/は当社にて破棄いたしますことをご了解ください)。
 
ОΟ様におかれましては、今後とも学業に励まれ、より一層のご活躍を心よりお祈り申し上げます 。
略儀ながら、書面にてご通知申し上げます。
敬 具
平成Ο年Ο月Ο日

 
 
これは多くの学生が一生受け取ることはないであろうメールです。
その名も「内定取り消し通知(留年ver)」
 
 
現在ではあるIT企業で働く社会人になった友人Aですが、
内定をもらった後に留年しています。
 
 
この友人がどのようにして立派な社会人になれたのか、その経緯をご紹介します。
 

~内定をいただく~

 
この友人Aは、IT業界を中心に就職活動をしていました。
 
 
大学ではまじめなやつでいい奴という印象。就活にも熱心に取り組んでいました。
 
 
結果、ある大手IT企業から内定をもらったため、それにて就活終了しました。
 
 

~単位が足りない~

 
 
しかしこの友人Aはやってくれました。
 
 
「俺卒業できないわ・・・。」
 
 
なんと単位を数え間違えていたA。
ゼミに入らず、卒業単位ギリギリで卒業しようとしていたAは、あと4単位足りないことに今更気づきました。
 
 
顔が真っ青のA。
留年確定?!そしたら内定はどうなる?!
 

~救済処置がある!~

 
 
だが大学はこういうところは本当に慈悲深い。
 
 
留年しそうな学生に対して、救済措置というものが存在します。

多くの大学では成績が発表された後に、点数に不満がある場合に再度採点を依頼する制度が用意されています。自分では自信があったのに落ちてしまった科目などがあれば、諦めずに再度採点をお願いしてみるといいでしょう。

 
 
そうしてAは教授にテストの再度採点をたのみました。
 
 
しかしAは本当に運が悪い。相手が最悪だった。
 
 
それは大学でも厳しいと有名な教授の講義だったのです。
 
 
就活はもうしたくない。その一心でひたすら学校に通って教授に頭を下げ続けたA。
 
 
留年が取り消し方をネットで調べたAは、
人生初土下座もしてみたそうです。
 
 
それからというもの、土下座をしに学校に行く毎日。
 
 
「プライドってなんてとっくに捨てた」Aはやつれた顔でいいました。
 
 

~救済処置がある!~

~教授、厳しい~

 
 
でも教授は厳しかった!!
 
 
Aの将来の為を思ってのことなのか、
それともルールにのっとってのことなのか、
 
 
Aは留年確定。
 
 
相手が悪かったのです。
いや、本人が悪いんだけども。
こんなに簡単に留年ってしちゃうんだなーと実感しました。
 
 
Aは男泣き。
慰めることばが出てきません。
 

~企業に電話~

 
 
もう決まってしまったものは仕方ない!

気持ちを切り替えたAは、
留年してしまったことを企業に報告するため、アポを取って会社に出向きました。
 
 
すると、帰ってきたAがなぜかまた泣いてる。
 
 
私は驚き、「おいどうした?めちゃめちゃ怒られたのか?」そう聞くと、
 
 
目を腫らしたAが満面の笑みで言いました。
 
 
「卒業待ってくれるってさ!!!!」
 
 
学校によっては9月で卒業できる特別制度があります。さすがに1年後の卒業まで待ってもらうことは難しいかもですが、企業によっては9月の卒業まで待ってもらえる企業もあるそうです。企業側からすれば、今更新しい人を採用するのも手間だという理由もあると思います。
 
 
社員の方に正直に理由を伝え、内定が取り消されることを覚悟していたAですが、
社員の人は、「人柄でキミを選んだから、待ってあげることもできるよ」とおっしゃるではありませんか!
その場で9月からの入社を約束し、無事大学を卒業して入社しました。
 

【本当に留年?最後まで諦めるな!】

 
何事も最後まであきらめてはいけません!
 
「捨てる神あれば拾う神あり」です。
 
それに、留年は確定していないうちはひたすらあがきましょう!
大学ごとに何かしらの救済制度はあります。
 
就職活動がうまくいかない人も、留年しそうな人も、諦めずに自分を信じてがんばりましょう!

 
画像引用:http://www.fodizi.net/qt/qita/12452.html

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ