特集記事

【大手IT企業から内定をもらったが留年した話】

【大手IT企業から内定をもらったが留年した話】

○○○○(様/殿)
株式会社○○○○
代表取締役社長 ΟООΟ
または
人事部長 ΟООΟ
内定取り消の通知
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ながら)、(○○(様/君/さん)/貴殿)より、本年度(大学/専門学校/学校)を卒業ができない状況と(なり、内定の辞退を申し出 られたのを受けて/なったとの連絡を受けて(社内で/関係部署と/取締役会で)慎重に検討した結果)、平成○年○月○日付でご連絡した採用内定を(取り消 させていただきます/取り消す決定がなされましたことをここに通知します)。
弊社としては、当初より(大学/学校)を恙無く卒業されることを採用の要件としておりましたため、その要件に適合しないままでの採用は見送らざるを得ませんことをご理解いただきたく存じます。
 
なお、これまでお預かりしました(提出書類/履歴書等)(を同封いたしますので、ご査収ください/は当社にて破棄いたしますことをご了解ください)。
 
ОΟ様におかれましては、今後とも学業に励まれ、より一層のご活躍を心よりお祈り申し上げます 。
略儀ながら、書面にてご通知申し上げます。
敬 具
平成Ο年Ο月Ο日

 
 
これは多くの学生が一生受け取ることはないであろうメールです。
その名も「内定取り消し通知(留年ver)」
 
 
現在ではあるIT企業で働く社会人になった友人Aですが、
内定をもらった後に留年しています。
 
 
この友人がどのようにして立派な社会人になれたのか、その経緯をご紹介します。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ