/category/column/post-44008/

特集記事

  • お気に入り
  • 497SCORE

【18卒】もう勝負は始まっている!時間がある時にしておくことリスト

【18卒】もう勝負は始まっている!時間がある時にしておくことリスト

18卒のみなさん!「もう」9月ですよ!!

就活スケジュールが変わって、選考始まるのはまだまだ先だし…なんて、のんびりしていませんか?
就活を始めるのに早すぎることはありません!
2年生からインターンに参加している人だっているのです。
うかうかしている間に、周りのみんなはもう動き始めています。
この初動の差で、選考が始まった時にすぐ対応できるかどうかが変わってくるのです。

時間を見つけて少しずつ、就活に向けて準備を始めましょう。

まずは基本の自己分析

これから先自分が何をするべきか、やりたいことが決まっていなければ判断できません。
まずは自己分析をしっかりして、自分という人間を見つめ直し、自分がやりたいこと、向いていることを理解していきましょう。
巷にあふれている自己分析シートを使うもよし、電車の中やトイレの中、ふとした時に「自分って…」と考えるのも十分自己分析になります。
まずは自分が今まで何をしてきたか、何をしているのか考えて、そこから自分の将来と向き合っていきましょう。

遊ぶのもOK なるべく人が集まる場所へ

就活が始まってしまうと時間がなくなり、友達と会う機会も減っていきます。
今のうちに友達と遊ぶのも、後悔しないためには必要かもしれません。

でも、ただ遊ぶのではなく、吸収できるもの、利用できるものを見つけてきましょう。
対・人間になると、自分の性格や性質がよく見えてくると思います。
親しい間柄なら、相手に「私ってどんな人?」と聞いてしまうのもいいでしょう。

大人数がいる場であれば、その中で自分はどんな立ち位置にいるか、どんな役割を担っているのか、俯瞰的に考える機会にもなります。
人を通して、自己分析へとつなげていけるので、積極的に人と関わっていきましょう。

OB・OG訪問、内定者にも話を聞く

上記のように人と関わるのに加え、先輩たちの話を聞きにいきましょう。

OB・OG訪問はもちろん、内定をもらっている先輩にも、卒業してしまう前に話を聞きにいきましょう。
就活スケジュールが変わったのは16卒からです。OB・OGからは得られない情報が得られるかもしれません。

いろいろな先輩から体験談やアドバイス、今の気持ちなど聞くことで、学べることはたくさんあります。
時間があるのなら、アクティブに、積極的に先輩に会いにいきましょう。

早めにSPIなどの勉強を

就活ではテストを受ける機会も多くなります。
SPIをはじめ、専門分野で聞かれそうなことや、時事問題などは今のうちから勉強して知識をつけ、対策しておくとよいでしょう。

直前になって焦って勉強しようと思っても、ES書きや説明会に追われ、ほとんど勉強できない、なんてことになりかねません。
早いうちから勉強しておき、前日に少し復習すればOKくらいの状態にしてから、選考開始を迎えましょう。

デメリットを探る

「やりたいことは決まってるし、勉強もしてるし大丈夫!」と思っているあなたも、まだまだやることはあります。

業界研究、企業研究はしっかりしましたか?
この企業はここがいい!だけで志望企業を決めていませんか?

時間があるなら、その会社の悪いところを探しましょう。
注目すべきは「離職率」。
これはその企業が働きやすいかどうかの指標に他なりません。
これが高いとなると、いくら大きな企業でも、立派な業績を持っていても、少し警戒した方がいいです。
いわゆるブラック会社ではないのか?と疑って、いろいろ調べてみたら、気持ちも変わるかもしれません。

入ってみたら募集要件や求人票の内容と違っていた…なんて話も少なからず耳にします。
もう少し慎重に、企業を深く知る努力をしてみましょう。

まとめ

就活はもう目の前まで迫っています。今からできることもたくさんあります!

今のうちから準備しておくことで、選考が始まったときに大きな差をつけることができます。
常に就活のことを頭の片隅に置いておき、少しでも時間があるなら、上記の5つを実践してみてください。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ