/category/column/post-44342/

特集記事

  • お気に入り
  • 435SCORE

印象を変える!【ネクタイの選び方】

印象を変える!【ネクタイの選び方】

ネクタイというのは顔の近くにあるので、その柄や色で与える印象が大きく変わります。
 
ここではネクタイの色×柄でどんな印象を与えられるのか紹介します。
 
受ける企業によって変えるのもアリ、面接かグループワークかで変えるのもアリです!
好印象を目指して、状況に応じて効果的に使い分けていきたいですね。

【赤系】 エンジ×ストライプ「積極性」

赤は情熱的で積極的なイメージを与えられます。
心理学的に「やる気」を起こさせる色と言われています。
ここぞという時に着けると、よいでしょう。

赤で重い、熱い雰囲気になってしまうので、爽やかなストライプ柄を選ぶと調和が取れて落ち着いた印象を与えられます。

積極性をアピールできるので、営業職などにおすすめです。

【赤系】 エンジ×ストライプ「積極性」

【赤系】 ピンク×ドット「優しさ」

ピンクは温かみや優しさ、個性をアピールでき、女性受けが良いです。
春頃に着ければ、季節感もあり、よりよい印象を与えられます。

ピンクは派手だと敬遠する企業もあるので要注意です。
多少個性を出した方が受けのいい、クリエイティブな会社などに向いています。

光沢のあるものや、明るすぎる色を選ぶと目立ちすぎてしまうので、
少し色味が濃く、マットな素材のものを選ぶとよいでしょう。

ピンクは色が派手なので、模様がはっきりしていると目立ってしまいます。
ほどんど目立たないくらいのドットが控え目かつおしゃれです。

【赤系】 ピンク×ドット「優しさ」

【青系】 紺×ストライプ「スマート」

青は知的・誠実・冷静といった印象を与えられます。
日本人に一番受けがいい色です。

その青に白のストライプを合わせることで、よりシャープになります。
スマートな印象になるので、技術職、経理などにおすすめです。

【青系】 紺×ストライプ「スマート」

【青系】 紺×チェック「フレッシュ」

落ち着いた印象の青に元気な印象のチェックを合わせることで、新鮮な印象になります。
フレッシュではつらつとした印象は、就活生らしく、受けがよいです。

青の誠実な印象も残るので、金融や公務員など「お堅い」ところの選考でも使えます。

【青系】 紺×チェック「フレッシュ」

【青系】 水色×チェック「爽やか」

水色も青と同じく知的で冷静な印象を与えます。
夏にはさわやかで涼しげな水色で、相手に気持ち良い印象を持ってもらえます。

水色は色が薄く目立ってしまうので、柄は少し濃いめの同系色で、落ち着いた雰囲気も取り入れましょう。

爽やかさ、スマートさが求められる、旅行業界や不動産業界などにおすすめです。

【青系】 水色×チェック「爽やか」

【黄系】 黄色×チェック「明るさ」

黄色は明るく元気なイメージがあり、「コミュニケーションカラー」とも呼ばれています。
ここに同じく元気な印象を与えるチェックを合わせることで、活動的に見えます。
対人関係をうまく築いていけるという印象を与えられます。

しかし赤や青に比べて、就活で使うネクタイの色としては一般的ではないので、
個性を好意的に取ってくれる、アパレルやクリエイティブ系の会社におすすめします。

【黄系】 黄色×チェック「明るさ」

グレー×ドット「落ち着き」

グレーは大人の穏やかな雰囲気を出します。
ここに落ち着いた印象を与えるドットを合わせることで、より大人らしくなります。
フレッシュさが求められる就活の場では敬遠されがちですし、目立たない色でもあります。
しかしビジネスの場では定番の色なので、会社に入ってからの自分をイメージしてもらいやすくなります。

入社時から大人との対応が求められる、企業間営業などには向いているかもしれません。

 グレー×ドット「落ち着き」

まとめ

以上4系統が就活のネクタイで使われる一般的な色です。

受ける企業や、自分がどう見られたいかに合わせて選べるよう、何本かは持っておきたいですね。
最低でも赤と青の2本あると、「前回と一緒!」なんてことも思われずに済みそうです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ