/category/column/post-46275/

特集記事

  • お気に入り
  • 202SCORE

質のいい睡眠のとり方!!

質のいい睡眠のとり方!!

翌日は面接で緊張して眠らなかったり、日々の疲れからもっと質のいい睡眠をとりたいと就活中はとくに思ったりしませんか?夜眠れずに朝を迎えたら、昼ごろに眠くなり力を発揮できませんよね。そこで質のいい眠りをするコツを紹介していきます。

☆眠気の誘い方

・パソコンの電源を消す
パソコンの光は眠気が覚めてしまい悪いとされています。脳内の受容体を刺激し体内リズムを崩す作用があるとされています。
できるだけ寝る前はパソコンやケータイ画面を見ないように心がけましょう。

・温かい飲み物を飲む
温かい飲み物と言ってもカフェインの入っているものを避けましょう。温かい飲み物を飲むと一時的に体が温まり、体温が下がり始めた頃に眠気がきます。どうしても眠れないときは温かい飲み物を試してみてください。

・寝室を冷やす
この方法は上記の方法と似ていますが、寒い環境に温かい毛布って最高に気持ちがいいですよね。寝室が暑くて毛布をかけているようでは体が火照り過ぎてしまって眠れません。窓を開けて空気を入れ替えて見てください。スーと眠れるはずです。

・就寝時間は毎日同じ時間
生活リズムを崩さないというところがポイントです。毎日同じ時間帯に寝ていれば、そのうち自然とその時間になれば眠くなるはずです。初めのうちはなかなか眠れないと思いますが意識して見て下さい。

・眠れない時はベットから1度起きる
何分もベットでごろごろするようであれば、1度ベットからでて、他のことをしてみて下さい。そのうち眠気が襲ってくるはずです。眠気がきたらベットに戻りましょう。この時にパソコンやコーヒーなど眠気を覚ましてしまうようなことは避けてくださいね。

・早めに夕飯を食べる
食後は腸が活発に動くため眠くなりにくい。寝る2時間まえごろ食べ終わるようにしておくと良いです。空腹は逆に眠れないので少しだけであれば食べてもあれば大丈夫です。

☆まとめ

皆さんが知っている内容のものばかりだと思いますが眠れない時にはぜひ試してみて下さいね。質のいい睡眠をとって体をしっかりと休めて下さい。就活頑張って下さい。

参考文献
より良い睡眠を促すための9つの方法

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ