/category/column/post-46592/

特集記事

  • お気に入り
  • 436SCORE

就活中、面接などで緊張しないコツ!

就活中、面接などで緊張しないコツ!

面接やプレゼンなど、就活中は様々な場面で緊張しますよね。緊張してしまうと頭が真っ白になったり、体が震えたりなど人によって様々な症状がでるかと思います。準備万端だったのにその症状によって最高のパフォーマンスができなかったら、きっと後悔するでしょう。そうならないために、今回は面接などでできる限り緊張しない方法を紹介します。

緊張の原因とは?

・自分の就職先、将来がかかっているから
・初めて会う人と話すから
・普段とは違う場所、環境だから
・人より良い評価をもらいたいから
緊張しやすい主な原因は、自分の将来や評価に対するプレッシャーと、普段と異なる環境からくる不安が多いと考えられます。普段とは違う、それだけで不安が込み上げてきますよね。プレッシャーや不安からくる緊張は、どうすればなくなるのでしょうか?

緊張の原因とは?

緊張しないコツ

・しっかり練習や準備をする
面接であれば、面接練習。準備が出来ていない状況での面接には誰しも不安があります。不安を無くすためにもしっかりとした準備をしておきましょう。ただし、面接での質疑応答を一言一句暗記しないこと。丸暗記してしまうと、もし当日ど忘れしてしまった場合に答えられなくなる可能性があります。質疑応答のキーワードをしっかりと頭に入れておき、当日は出来る限りアドリブで面接に臨めるように、話の流れも復習しておきましょう。

・場数を踏む
人は初対面の相手や初めての環境など、経験が少ないことをする時に緊張します。面接であれば多数の先生や友人に協力してもらって面接練習をしたり、第一志望の会社の面接を受ける前に第二・第三志望の会社の選考を受けるなど、実際の面接で場数を踏んだりすると当日あがらずに全力で臨めると思います。

・無理に良く見せようとしない
無理に自分を良く見せようとしたり、他の人より良い評価をもらおうと考えたりすると人は緊張してしまうと思います。なぜなら普段と異なる環境で初対面の相手に良く見せようとするとプレッシャーがとても強くなるからです。その強いプレッシャーによって「自分に出来るのか」など不要な心配に変わり緊張してしまいます。自分を良く見せよう、人より良い評価をもらおうではなく、自分のことを真っ直ぐ伝えようという心構えで臨みましょう。
また、面接官も人間なので、緊張していることを素直に伝えることで多少考慮してくれる場合もあります。

まとめ

緊張の原因や症状は人それぞれ違いますが、緊張しないための方法はほとんどの人に適応すると思います。緊張は人間誰にでもあることです。緊張は不安やプレッシャーなどという心の隙間から簡単に入ってきますので、不安を断ち切れるような自信をつけて就活頑張って下さい!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ