特集記事

【最終選考前に必ずチェック】メガバンクの内定を獲得する方法

【最終選考前に必ずチェック】メガバンクの内定を獲得する方法

 
 

就活生から人気なメガバンクといえば、
「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の三大メガバンクがあると思います。

では、これら三大メガバンクの内定を獲得するにはどうすればいいのでしょうか?
 
 
 
今回はその三大メガバンクのうちのひとつ、某メガバンクの内定者ヤマザキさんに「これができれば絶対にメガバンクから内定を獲得できる」という大事なことやよくある質問を聞いてきましたのでご紹介します。

よくある質問

①どんな人がメガバンクに内定しているの? 
 
ガッツガツの体育会系からガリガリの文系草食男子まで、内定者には本当に様々な人がいます。他業界と比較して新卒採用の数が非常に多いメガバンクでは、どんな人か一言でまとめるのは難しいです。
②どうしてメガバンクが人気なの?
まずはやはり労働条件の良さだと思います。(恐らく皆さんが思っているよりも)高い給料やワークライフバランスなど、整った労働条件が主な人気の理由ではないでしょうか。    
③三大メガバンクそれぞれの特徴は? 
選考を受けていて感じた個人的な意見ですが、
 
◇三菱東京UFJ銀行:文系の学生からとくに人気の高い三菱東京UFJ銀行。基本的に真面目な人が多く、可愛い女子も多かったです(笑) 個人の考え、夢や思いを強く持っている人が多い気がしました。
 
◇三井住友銀行:他のメガバンクに比べノルマ重視と聞いていたので、選考を受けるまではガツガツの体育会系が多いかと思っていましたが、そうでもなかったです。明るく気さくな人が多い印象を受けました。リテールをしたい人にはおすすめできると思います。
 
◇みずほ銀行:メガバンクで唯一全都道府県の支店のあるみずほ銀行。比較的アットホームで温かみのある企業であると感じました。銀行単独で採用しているわけではないので、採用後に信託に行く人もいるそうです。

では、以上のことをふまえて、三大メガバンクに内定するにはどうすればいいのでしょうか?

①面接では下手に出ること

①面接では下手に出ること

まず1つ目、面接のでは下手に出ること。
 
つまり謙遜するということです。
 
 
例えば、面接で自身の経験を面接官に話し、それに対し面接官が高評価をして
「君こんなことができるんだね~いいね~!」と言われたとしましょう。
 
 
そんなときは、
「ありがとうございます。でもそれもチームのメンバーがいてこそ達成できたことです。」
「ありがとうございます。しかし、もっと良い結果が出せたのではと反省しています。」
などと答えるのがいいでしょう。
 
 
どうして謙遜が大事なのか、それは、銀行の仕事の仕方に関係しています。
基本的に銀行の仕事は人と人の関係で成りたつ、いわゆるリレーションビジネスです。

銀行における「仕事ができる人」=「人とのリレーションを上手く築くことができる

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ