特集記事

面接のポイント三か条

面接のポイント三か条

面接って怖いですよね。何聞かれるんだろう、答えられるかな、、、不安ばかりがつのるのではないでしょうか。そこで今回、誰もが少し意識すれば実行できる面接対策の三か条をお伝えします。

① 自己紹介・自己PRは面接で自分を印象付ける武器

簡潔に、わかりやすく自己紹介するのって、実は難しくないですか。どうやって構成していったら良いのか。コツは?

・「1分間で自己紹介(または自己PR)をお願いします。」

誰もが経験したことのある質問だと思います。
「大学名、名前、出身地、、、、、他に何があるだろう」
「1分って思ったより長いな、、、」
このようなことを思った方も少なくはないと思います。

回りくどい話はいりません!知りたいのは「あなた」
なにを話せば良いかわからずむやみやたらに話すのはNGです。ただ時間を稼ごうとするのも、百戦錬磨の面接官にはバレバレです。簡潔に、自分はどういう人間かを伝えること、面接官はそれを知りたいのです。

重要なのは、如何に簡潔に、具体的な体験談を踏まえた「あなた」を売ることです。自分の魅力を明確に話し、どのような問題を、どのように解決し、どのような結果に至ったのか。同じ内容でも、これに踏まえ自分の短所長所を付け加えると、よりあなたの人間性が伝わると思います。

①	自己紹介・自己PRは面接で自分を印象付ける武器

② 身だしなみこそ第一印象で差をつける

例えば、髪の毛もボサボサ、髭も生えていて、スーツのサイズも合ってない人が面接しているとどうでしょう。さすがに大げさに言い過ぎましたが、見た目の第一印象は重要ですよね。ある研究発表によると、人間の第一印象の内訳は視覚からの情報が90パーセントだと言われています。清潔感を常に保つことを意識しましょう。

③ 笑顔があれば何でもできる

みなさん、笑顔で話しかけられて気分が悪いことはないですよね。第一印象の中でこれまた重要なのは表情です。緊張した人は顔の筋肉もこわばり、口角もさがるので、暗い印象を相手に持たせてしまいます。もちろん、営業職や受付など人と接することの多い職種の人であれば自分が面接官だったらそんな暗い印象を持った人を採用しようとは思わないでしょう。
どうしても緊張してしまうタイプの人もいると思いますが、自分なりに面接前にリラックスできる方法を考えることを意識していきましょう。

面接前に意識を高めるのではなく、日頃友達や知り合いの人に会うときにもこの面接3つのポイントを意識して練習し、慣れておくことをオススメします。

③	笑顔があれば何でもできる

みなさん、笑顔で話しかけられて気分が悪いことはないですよね。第一印象の中でこれまた重要なのは表情です。緊張した人は顔の筋肉もこわばり、口角もさがるので、暗い印象を相手に持たせてしまいます。もちろん

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ