/category/column/post-48444/

特集記事

  • お気に入り
  • 202SCORE

面接で緊張してしまうあなたへ

面接で緊張してしまうあなたへ

あなたが希望した企業に入社するためには、超えなくてはならない大きな壁が存在する。それは、面接である。いくらあなたが行きたい企業に対する思いが強く、エントリーシートをうまくかけたとしても面接で失敗しては、あなたに明るい未来が訪れることはないだろう。それではどのようにしたら面接をうまく乗り越えられるだろうか。これからそのコツを簡単に紹介していきたい。

面接官が何を求めているのか?

あなたは面接官に質問されたことに対して、いいたいことが言えずに固まってしまった経験がないだろうか?それはあなたが面接官に対して、よく思われたいあまりに偽りの自分を演じてしまっていたり、自分のできる能力より背伸びしてしまっているからである。しかし面接官はそんなあなたの姿をお見通しである。あなたのその緊張はしっかりと面接官に伝わっている。それではどうしたらよいだろうか?実は面接官が求めているのはあなたの偽りの姿ではなく、あなたのありのままの姿である。面接官はあなたが緊張しているのを理解したうえで、あなたに質問しているのだ。そのためあなたがしなければならないことはただ自分の伝えたいことを伝えることである。その熱意が面接官の求めることなのである。

面接官が何を求めているのか?

なぜあなたは緊張するのか

それではあなたはなぜ緊張してしまうのか?ひょっとして自分の伝えたいことがうまくまとまっていないことはないだろうか?そうだとしたら準備不足以外のなにものでもない。いかなる状況をも想定し、準備を怠らなかったものだけが、自信を持って面接を乗り切ることができるのだ。またあなたが緊張してしまう原因の1つに他にも、面接で失敗してしまうという悪いイメージばかり想定していることがあげられる。その悪いイメージに引きずられて本番でもそのイメージ通りのことが起きてしまう。忘れてはいけないのは、緊張することにばかり神経がいってしまい、伝えたいことが伝えられないことだ。緊張して何も考えられなくなったときにこそ、その企業になぜ入りたいのかという本質を見失わないようにするのが大切である。

あなたが緊張しないコツ

ここではあなたが緊張しないために、いくつかのコツをお教えしたい。まず大切なことは、面接自体に慣れてしまうことだ。人は始めての状況や、自分の想定していないことに対して、極度のパニックを起こす。思考が停止してしまうのだ。しかし面接の場数を踏むことで、その想定外の質問に対してアドリブ力をつけることができる。この経験があなたにいざという時の自信を与えるのだ。またあまりにも緊張しているときには、思い切って、その緊張を声に出してみるのもよい。緊張を声に出すこと自分をコントロールできるという、科学的なデータがあるほどこの行為は効果があるといわれている。もし面接当日あまりにも緊張してしまうときには、その思いを家族や、友人に思い切って話してみよう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ