/category/column/post-48688/

特集記事

  • お気に入り
  • 954SCORE

【実はここで決まる】合否を決める3つのポイント

【実はここで決まる】合否を決める3つのポイント

面接対策は全就活生が必死になってやっていることです。ではどこで差がつくのか?
実はよく知られていない採用と不採用の差。主に重視される3つのポイントについて解説していきます。

最重要、メラビアンの法則って知っていますか?

アメリカの心理学者、メラビアンが提唱した、人の印象を数値化した法則です。
メラビアンの法則によると、人の印象というのは

話の内容からの印象 7パーセント
声からの印象 38パーセント
見た目からの印象 55パーセント

こうなるそうです。
話の内容はわずか7%!!
これは驚きですね。
内容どうこう以前に、まずは見た目と話し方が大事だということです。

必ず質聞かれる質問がある。対策は完璧にしておこう!

「自己紹介」「自己PR」「志望動機」です。

聞かれると分かっているのですから、完璧に対策をしておきましょう。
ノートにしゃべることを書き、先輩や先生、リクルーターの人に見てもらい手直しをしていきましょう。

そして、一番大事なのが練習です。何度も声に出して練習しましょう。

面接官の名前を呼ぶ

これは就活生が気づきにくいポイントです。
面接官の名前、覚えていますか?
面接を行っているのは、企業を代表する「顔」とも言える人物です。
名前は確実に覚えて、会話の中でも名前を使うことでその企業に対する本気度が伝わります。

好ましいのは「○○様」です。
「○○様」という言い方をすれば、より敬意を表せるため、この呼び方で呼ぶようにしましょう。

面接官が部長や社長であった場合には
「○○部長」「○○社長」というように呼ぶようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ