/category/column/post-48913/

特集記事

  • お気に入り
  • 374SCORE

効率の良い企業研究の方法

効率の良い企業研究の方法

就活生は皆、数多くの企業を受けるものです。その中で、全ての企業に対して企業研究をし、強みを見つけ、志望動機を考える。と言うのは非常に大変な作業です。企業研究を効率よくおこなうことは時間の限られた就活生にとって、実は非常に重要なことなのです。

説明会でメモばかり取らない

会社説明会でとにかくメモばかりをとっている学生は非常に多いです。そして、返ってからそのメモを見直したり、面接の前にメモを見て志望動機を考えると言う人です。

しかし、それは実は非常に効率の悪い説明会の聞き方なのです。せっかく、会社の人が説明をしているのにメモばかり取り、話を聞いていない。そして、家に帰ってその内容を見直すというのは、はっきり言って時間の無駄です。

メモを取って家で見直すのではなく、説明会の場で理解して、覚えるようにしましょう。そうすれば家では選考対策に時間をまわすことが出来ます。そもそもその場で覚えることが出来ないようならば、メモを取ったところで面接の時には忘れています。メモを取ることに集中するのではなく、会社の説明をしっかり聞いておきましょう。

そして、特に重要だと思ったことだけを、メモにとるようにしましょう。

大事なことだけに着目し、まとめる

なにもかも、闇雲にまとめるのではなく。自分が重視するポイント、それだけをまとめるようにしましょう。

しかし、そのためには自分が何を重視していて、何をまとめるべきなのか、分かっている必要があります。だから、自己分析をとにかくしっかりやることが大切です。

ホームページで見るべきポイント

おすすめなのは、
会社概要、商品とサ-ビス、採用情報、IR情報、そしてニュ-スリリ-ス
これらをノ-トにまとめます。

会社概要では設立年、従業員数、社長の名前、そして事業内容を、
そしてサービスや商品では、自分の知らないものがあった場合、検索してください。

なんとなくサイトを眺めるのではなく、必ず目的を持っててきぱきとやるようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ