特集記事

【就活生必見!】面接で交通費は出る?その場合の請求方法とは?

【就活生必見!】面接で交通費は出る?その場合の請求方法とは?

地方都市に住んでいる学生さんで、都市部の企業への面接や説明会に参加するだけで、かなりの交通費がかかってしまいますよね。
就活の上で、企業から交通費は支給されるのか、そして支給される場合交通費はどのように請求すれば失礼にならないのかについて説明します。

ほとんどの場合、交通費は支給されない

就活の中で、企業が説明会や面接に参加した学生に交通費を支給するのか。
これは明確な規定はなく、その企業ごとの考え方に委ねられている事がほとんどです。
けれども、ほとんどの企業は面接や説明会で交通費を支給していないと考えておいた方が良いでしょう。
常識的に考えて、採用するかも多数の学生に対して、都度交通費を支給してしまうと、企業にとっては大きな損失となってしまいますよね。
その為、基本的には面接や説明会では交通費は支給されないと考えておきましょう。

段階を踏めば支給される事も

逆に、交通費が支給されるケースについて見てみましょう。
これは、一次、二次、本面接や役員面接と段階がすすむと、途中から支給される事があるケースです。
一次では企業を受ける学生も多い為、支給はされませんが、二次から、もしくは本面接や役員面接のみ交通費が支給される可能性があります。
大手企業などで、一次は地方の支店で行い、本面接や役員面接だけは東京や大阪などの遠方の大都市にある本社で行う際に、支給される事が多いです。
この場合は、段階がすすんだ時点で企業側から「面接費を支給しますので、必ず請求して下さい」などのアナウンスがある事が多いです。
そして、最初から交通費は支給します、と明確にしている企業です。
あまりないケースですが、せっかく足を運んでくれた学生全員に平等に支給したい、と考えている企業もあるのです。

請求方法はどうするか

交通費が支給される企業に請求を行う際にも、失礼のない対応を行うようにしましょう。
請求を行うには、記載事実が明確に残りやすいメールを、採用担当者宛に送るのがおすすめです。
担当者の方への挨拶と共に、「電車〇〇線、何駅から何駅まで〇〇円」など、箇条書きにして分かりやすく記載しましょう。
もしも、交通費の請求を行う時期が分からない時や、明記があっても本当に支給されるのか分からない時には、面接前に問い合わせをしてみましょう。
明記がない場合には支給されないものと考え、問い合わせは控えましょう。
もしも、段階を踏んで交通費が支給される事がアナウンスされても、具体的な時期などが分からない場合には、採用された後に尋ねるのが良いでしょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ