特集記事

【就活生必見!】内定獲得!自己分析の3つのポイント

【就活生必見!】内定獲得!自己分析の3つのポイント

就活を行っていく上にあたって、最初にしなくてはいけないのが「自己分析」です。

就活の土台とも言える自己分析、今回はそんな自己分析の押さえておきたい3つポイントをご紹介します。

自己分析の目的

自己分析は、「自分を見つめ直す」ために行います。
自分を見つめ直すことで、自分が本当にやりたいことなどを見付けることができるからです。

行っていく過程で重要なのが、様々な視点で自分を見つめてみるということ。
下記の3つの視点でみていくと良いでしょう。

①自分から見た自分
②初対面で見える自分
③親しい人から見た自分(家族・友人など)

まず自分自身が自分をどう思っているのかを考え、そこに家族や友人などの第三者の意見を受け入れると、自ずとして自己アピールすべきポイントが分かってきます。

他人から見た自分を知るには、友人や先輩、後輩に協力してもらい
・自分の事をどう思っているのか
・第一印象はどうだったのか
・今とどう違うのか
を聞いてみると良いでしょう。

就活の書類面接で見られるのは、自分のほんの一部分に過ぎません。
様々な視点で自分を見つめることで、効率的なアピールポイントを考えるヒントになると思います。

第一印象通りの印象でアピールするか、それとはまた違った面をギャップとしてアピールして行くかを考え、

面接官ごとにどういう印象を持ってもらえれば良いのかを判断し、アピールポイントを臨機応変に変えていきましょう。

自己分析の目的

過去だけでなく、現在・未来の自分を分析してみる!

よく自己分析の仕方として「過去の自分を振り返りましょう」と紹介されていることも多くあります。

しかし、過去のみでなく、現在・未来の自分も分析しなければ十分と言えません。

・過去を振り返る
  ↓
・それにより現在自分はどんな人間になっているか
   ↓
・将来どんな自分になっていくか

を考える必要があります。

過去の自分の経験が裏付けとなり、面接で現在の自分と未来の自分をアピールします。

「過去・現在・未来」をワンセットで自己分析することで、本選考を面接対策にも役に立ちますので、過去だけでなく、現在と未来の自分にも目を向けてみましょう。

過去だけでなく、現在・未来の自分を分析してみる!

自己分析はやりすぎない程度に

自己分析の大切なところは「様々な視点で自分を見ること」「自分を見つめ直すこと」です。

自己分析には勉強と違って“答え”はありません。

自分を向き合うのに必死になってしまい、自己分析の落とし穴にハマってしまう人もいますが、頑張って自己分析シートを全て埋めようと必死になる必要もありません。

答えは十人十色、自分のやりたいことが見付からない人でも、業界研究や企業研究もしていくうちに、

自然と自分のやりたいことが見つかり、志望動機やESも書けるようになりますので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

自己分析はやりすぎない程度に

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ