/category/column/post-7161/

特集記事

  • お気に入り
  • 869SCORE

大手企業を経てベンチャーへ転職した社会人7年目が語る就活

大手企業を経てベンチャーへ転職した社会人7年目が語る就活

大手→ベンチャーへ

就活をしている学生であれば、一度はぶつかる問題なのではないでしょうか。
それぞれにはそれぞれの良さがあり、どちらが正解かは個人個人がどうなりたいか、どうしたいかが全て。

そんな両方を経験した僕らからは、大手とベンチャーの良さをお伝えさせていただきます。

大手企業

・何よりも仕組みが整っている。
→新入社員研修、OJT、エルダー制度、完全分業体制など
・ネームバリューがあり、営業活動のハードルが低い
・ボーナスが業績連動の企業が多く、個人の成績・成果と連動しない
・福利厚生がしっかりしている
→営業手当て、休日手当て、単身赴任手当て、家賃手当て、既婚者手当てなど

ベンチャー企業

・経営者との距離が近く、経営を間近で見ることが出来る
・自分の成長角度に合わせて、成果を追求できる
・大手では手に入らないスピードでマネジメント出来るチャンスがある
・仕組みが未完成であるため、自分自身で仕組みを生み出すことが出来る
・業績連動ではなく、個人の残した成果に対しての絶対評価
・同じ温度感の仲間と働くことが出来る

このように、大手なのかそれともベンチャーなのかで迷われている就活生の皆さんは、
得られるもの、得られないものを書き出してみると整理が出来るのではないでしょうか。

僕はその結果、大手ではなく、ベンチャーへの転職を決めました。
そして、その選択は間違いではなかったと心の底から言えます。
皆さんなりの選択が出来るように、この記事が参考になると嬉しいです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ