/category/company/post-13717/

企業研究

  • お気に入り
  • 2917SCORE

電通の社長が採用したい、3つの人材!

電通の社長が採用したい、3つの人材!

こんにちは、けいちゃんです。
今回は、広告代理店最大手「電通」の求める人材についての記事です。
あくまでライターの見解ですが、是非参考にしてください!

①生の声で喋れる人

電通は、「自分の生の声で喋れる人材」を求めています。
これはどういうことかというと、しっかりと自分の言葉で自分の生の経験を語れるということです。
例えば、同じエピソードでもそれをただの事実としてつらつらと語るよりも、自分の生の声で、どのように感じ、どのように考えたのかを語れるということがあります。
広告代理店は、「ある商材を生活者に触れるようにコミュニケーションする仕事」です。そんなコミュニケーションのためには、生の声で語り、考えることが不可欠なのです。

②圧倒的な自分らしさ

電通では、他の誰でもない「自分らしさ」が求められます。
よく、広告代理店で働く人は皆クリエイティブなのか?という質問がなされますが、答えはそうではありません。
自分なりの興味・関心や得意・不得意を、いかにし「自分らしさ」として打ち出せるかが重要です。
もう一度、「他の誰にも無い自分らしさ」とは何なのかを深く追求し、選考に臨んでほしいと思います。

③辛い事も、回り回って楽しめるか

最後は、何事も楽しめるかどうかで決まります。
例えば、広告代理店での仕事は激務といわれますが、そんな仕事さえも楽しめてしまうかどうかが非常に重要です。
例えば、学園祭の前日の準備は徹夜しても楽しいですよね。
そういった、置かれた環境や目の前にある仕事をいかに楽しめるかどうか、これが求められる人材像として非常に重要です。

【総括】

いかがだったでしょうか。
本記事はあくまでライターの見解ですが、是非自身と会社を摺り合わせる際の参考にして頂けると幸いです。

【総括】

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ