企業研究

【世界一自由な上場企業へ】”130業種以上の中小企業経営者”に伴走するコンサルタントをつなぐ”想い”とは

【世界一自由な上場企業へ】”130業種以上の中小企業経営者”に伴走するコンサルタントをつなぐ”想い”とは

「経営コンサルタント」
皆さんはという職種にどんな印象をお持ちですか?
「データ、数字、無機質、、、」
漠然とそんなイメージを持っている方も少なくはないかと思います。
そこで今回は、コンサルティング会社の実際を解明すべく、突撃インタビューを敢行致しました…!
今回インタビューを快諾して下さったのは、「働きがいのある会社ランキング」等、数々のランキングに名を連ねていらっしゃる「株式会社船井総合研究所」様です。
A:先方
Z:自分

「サファリパークのような会社です(笑)」

Z:「早速なのですが、17新卒採用はいかがですか?」

A:「もう終わりました。だいたい100名強の方が当社に承諾頂いております。」

Z:「なるほど。ちなみに、これまで新卒でご入社されている方々には、『キャプテンやってましたタイプ』が多いですとか、『理系タイプ』が多いですとか、何かしらそういった特性っておありですか?」

A:「それはないですね。うちの会社は何かそういう、人間性みたいな部分では括っていないんですよ。真面目なガリ勉タイプもいれば、スポーツマンタイプもいれば、ユーモアがあるタイプもいます。例えるなら、『サファリパーク』のような(笑)。色々な動物が檻の中に入らずに放し飼いになっているということなんですけれど、自由に自分のやりたいことをやってくれればいいと思っています。」

Z:「いい例えですね(笑)。檻の中には閉じ込めずに、自由な環境を与えるということですね。」

A:「うちはもう自由っていう言葉は何よりも大事で、自由/自律/連帯っていうこの3つのキーワードは、今の経営者である高嶋さんがずっと大事にしているもので、世界一自由な上場企業にしたいっていう高嶋さんの想いからきているんです。その『自由』っていう言葉もいろいろな意味があるんですけれども、例えば、自分の上司、自分で選べますし、自分の部下、自分で選べますし、誰をお客さんにするか、何を自分の商品にするか、何でも自由なんですよ。働く時間とかもそうですし。働いている我々側からすると、本当に不自由なことが何もないな、という感覚です。ただ、大事なのは『自律』っていう言葉でして、自分を律すると書きますが、自由な反面、『自律』ができない人にとってはかえって不自由な環境です。」

Z:「そうですよね。」

A:「人から強制された方がいい人には合わないですね。ただ、自分のやりたいことをやりたいようにやることで、最大限の成果を発揮できるような人にとっては最高の環境です。また、横の繋がりである『連帯』もすごく意識しており、コンサルタント同士の情報共有が盛んに行われています。」

「サファリパークのような会社です(笑)」

一社でも多く『グレートカンパニー』を輩出する

Z:「ちなみに、グループのビジョンに『グレートカンパニー』という単語があると思うんですけれど、これはどういった内容と捉えればよろしいですか?」

A:「『グレートカンパニー』という言葉には定義がありまして、社会性/教育性

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ