/category/company/post-24837/

企業研究

  • お気に入り
  • 2909SCORE

エイベックス・ホールディングスの「“志”一括採用」とは!?~後編~

エイベックス・ホールディングスの「“志”一括採用」とは!?~後編~

こんにちは!とっきーです。

ヒットコンテンツを次々と生み出しているエイベックス・ホールディングスさんへのインタビュー後編です!

「“志”一括採用」で求めている人物像とは?
必見です!

【エイベックスが求める人材】

就:2016年度の採用において、どういった方を採用して行きたいかについてお聞きしたいです。また2015年度との違いがありましたら、その点についてもお伺いできればと思います。

エ:エイベックス・グループに入ってエンタテインメントのビジネスをやりたいという方は、それぞれいろんな志を持っていらっしゃると思うんですね。
どんな困難があっても、入社するときに持っている自分の夢とか希望を追い続ける人。
且つその夢や希望や志がエイベックスが向かっている方向と近いと感じる方、こういった方に是非ご入社いただきたい、というのは「“志”一括採用」を続けている限りは変わらないと思いますね。
自分の目標に向かってエイベックスとともに走り続けていける人に出会いたいですね。
 
エイベックス採用サイト「志一括採用」リンク
 
画像引用: http://office.sumitomo-rd.co.jp/building/bizsupport/hotel

【エイベックスが求める人材】

【就活時期の変更による選考の変化】

就:16年卒は就活時期が大幅にずれて、昨年とは違った動きをされる企業が多いのですが、御社のケースはいかがですか?

エ:
「非常識を常識に変えろ!」という言葉をホームページに載せていますが、世の中の常識にとらわれないことがエイベックスにとって大切なんです。
それは我々の企業理念にもつながっています。この“志”一括採用も、新卒一括採用という世の中の常識にとらわれない、ということから始まりました。もちろんルールはしっかり守りますが、採用方法としてはそもそも「新卒一括採用」というものにはとらわれていないのです。

就:“志”一括採用の具体的な内容を教えていただけますか?

エ:2016年度の選考については、詳細はエントリーしていただいた方にのみお伝えしておりますが、去年(2015年度)の例で言いますと選考を受けていただいた方全員にビジネスプランを考えていただき、それをプレゼンしてもらうという選考でした。考えてもらったビジネスが本当にエイベックスでやるべき事業なのかとか、ビジネスとして本当に成り立つ内容なのかというところを総合的に判断して選考しました。
また特徴的なのが、当社が運営しているエンタテインメントビジネスを学ぶ講座の一部を、選考中に受講していただくことで、レベルアップし、次の選考に望んでもらう、ということをしております。。選考の中に「育成」というプロセスを取り入れているのです。。選考だけではなく、皆さんも成長していただき、入社する頃には、エンタメビジネスマンとしての基礎がしっかり出来ていて欲しいと思っているので、そこに力をかけていますね。

もちろん選考ですので、残念ながら内定とならない方もいるんですが、受講したことで得たエンタメビジネスの基礎をもって次の年にもう一回チャレンジするという方もいます。他のエンタテインメント会社に行くかもしれないですが、その講座受講で培ったものをエンタテインメントのビジネスの発展に役立てて欲しい、エンタメ業界をもっと盛り上げてほしいという気持ちがあります。

就:やはり仕事の経験がある人のほうが有利ということはあるのですか?

エ:いいえ。関係ございません。もちろん何をやってきたかについても同じです。
我々が一番大切にしていることは、その方自身の志です。

画像引用:http://college.athuman.com/dance/avex/

【就活時期の変更による選考の変化】

【楽しいことに本気なエイベックス社員】

就:先ほど受付でお待ちしていた時に感じたのですが、服装や雰囲気が特徴的で、みなさん非常におしゃれという印象を受けました。
社内にはどんな方が多いのでしょうか、社員の皆さんの共通点とかあったりしますか。

エ:やはり面白いことを好きな人が多いですね。私の経験談ですが、1年目の時に、とあるアーティストをプロモーションする企画を任されて、市場調査とか徹底的に分析して1つの企画を上司にプレゼンしたんです。その企画であればプロモーションは成功すると思ったのですが、上司から「君自身が心からその企画を楽しいと思うのか?」と言われたことがあったんです。
そこで考え直したときに、自分は数字や結果だけ取りに行こうとして楽しもうとしてないなって思ったんですね。もちろんビジネスなので、結果を出すことに専念することは大切です。ただ楽しいことを根っこから考える人が多くて、人々を喜ばせよう、感動させようっていう根本にある想いが強い方が多くいると思います。「仕事が遊びで遊びが仕事」という社長の言葉もありますが、本当にその言葉通りの方たちが多いと思いますね。

【研究者志望からエイベックスへ】

就:森さんはどんな就活をなさいましたか?

エ:一番初めは給与や福利厚生などをみてましたね。大手とか名前とかそれで就活活動を始めました。でも進めていくにあたって本当にこれやりたいことなのかなって考え始めて、行き着いたのがエンタテインメントという軸だったんですよ。そこにエイベックスがありました。事業内容とか自分ができること、やりたいこととかを総合的に考えて最終的に当社を選びました。

就:大学で理系を専攻されていた方がエンタテインメントの仕事を目指すケースは少ないんじゃないですか?

エ:「エンタテインメントが好きなんだけどそういう経験はない。だから入れないんじゃないか」と思う人がいますが、そんなのは一切関係ないです。
本人の気持ちの持ちよう。自分がやりたいかどうか。それが大切です。
何でもいいから本気でやってる方。そして本気の志を持ってる方に是非来ていただきたいです。

画像引用:http://kapakap.blog.fc2.com/blog-entry-895.html

【研究者志望からエイベックスへ】

【就活生に伝えたいこと】

就:では最後に、今後社会に出ていく就活生に向けたメッセージをいただければと思います。

エ:とことん自分のやりたいことっていうのを考えてほしいなって思いますね。
その部分をしっかり考えていないと、行き詰まってしまう人が多いと思います。本当にやりたいことっていうのを自分でしっかりと軸として持っていれば、どんなに辛いことがあってもブレることはないので、前に進むことが出来ると思うんですね。自分ととことん向き合うって言うとよくある言葉になってしまいますが、そこに一番時間を使って就活に臨んでもらいたいなって思います。

色んな所で言ってますが、就職活動をするというのは社会人の一歩目を決める大事な期間ですから、出来れば自分で10年後、20年後どうなっていたいかということを考えて欲しいです。
最終的にどうなっていたいかっていうのをまず考えて、そのためには今何をやればいいか。
エンタテインメントという仕事は世の中に感動を届けていく素晴らしい仕事です。自分が目指す未来とエイベックスが進んでいる未来がマッチしていると感じたら、是非、「“志”一括採用」に挑戦していただきたいなと思います。

就:本日は貴重なお時間ありがとうございました!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ