企業研究

就活するなら中小企業ではダメ?本当に就職活動は大手が良いのか

就活するなら中小企業ではダメ?本当に就職活動は大手が良いのか

就活で依然として人気を誇っているのは大手の有名企業です。
中身はよく知らなくても、聞いたことがある企業だと何となく安心して良いような気がしてしまい、中小企業はダメだと考える学生も少なくありません。
しかし、本当に中小企業がダメで大手に就職をすることが正しい選択肢なのでしょうか?

大手を志望するメリットとは

一昔前であれば、良い大学を出て一流企業に就職出来れば将来安泰と言われていました。
今はその理論が根底から崩れつつあり、良い大学を出ても就職浪人をしてしまう人もいますし、苦労して大手に入ってもリストラの憂き目に遭ったりブラック企業で精神を病んでしまったりと、安定とは程遠い現実があります。
会社のシステムも年功序列の形式を取っているところがまだまだ多いですが、徐々に能力主義に切り替えている企業も多くなっており、一昔前の理論は完全に崩れてしまう日もそう遠い先の話ではありません。
とはいえ中小企業と比べると安定性はあり、リストラや倒産といった問題はありますが、簡単には会社が傾かないという強みがあります。
福利厚生の点についても充実させるだけの体力もあり、コンプライアンスも大手企業というブランド力があるので徹底されています。
もちろん中小企業にも福利厚生が良くコンプライアンスを遵守しているところは多くありますが、大企業の方がより守られやすいです。
給与面も安定しており、特にボーナスは手厚く保障されています。
その会社の大きなプロジェクトに参加することも出来るので、個人では成し遂げられないプロジェクトや中小企業では出来ないことも行えるため、やりがいのある仕事を求めることが出来るでしょう。

大手を志望するデメリットとは

メリットが多い大手ですが、それでも日本の景気が良かった時代のような安定性はなく、あくまで中小企業と比べれば安定しているかな、という程度ですので有名企業に入れば一生安泰という話は無くなります。
銀行ですら経営難で倒産をする時代ですから、大手も普通に経営難に陥れば倒産ということにもなりかねません。
給与面では安定してボーナスも良いのですが、年とともに給料が上がっていくというシステムは崩壊しているため、何もせずにただ給料は上がりません。
頑張りが無ければずっと平行線のままですし、給与面の上昇を狙って動かなければなりません。
また、プロジェクトにおいても確かに大きなものには携われますが、人が多い分作業は細分化されてしまい思うような仕事が回ってこないことも多々あります。
そして、細分化され手順もマニュアル化されていたり自由度が無かったりと、自分なりのやり方で行うことが出来ないのでやりがいを覚えられないかもしれません。
中小企業の場合、人数が少ない分一人あたりにかかる責任が重く

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ