企業研究

『アサヒビール』の社長が採用したい、3つの人材像!

『アサヒビール』の社長が採用したい、3つの人材像!

こんにちは、ウーパールーパーです。
今回は、ビールメーカー大手のアサヒビールで求められる人材について、あくまで私の個人的見解ですがご紹介したいと思います!

人と連携しながら仕事ができる

1人で仕事をすると、たしかに自分の想い通りに仕事をこなせます。
しかし、アサヒビールで求められるのは「人と連携しながら仕事ができる人材」です。
これは、アサヒビールでの仕事が他部署や先輩後輩を巻き込んだチームプレーで行われるからでああり、そういった環境で力を発揮できる人材を求めているといえます。

ハートがよく、素直で、明るく、前向きに考えられる

要はポジティブということです。
ビールメーカーの仕事は、精神的にしんどくなることもたくさんあります。
例えば、営業に出たものの一件も契約が取れず、話すら聞いてもらえないということがあるでしょう。また、例えば繁忙期などに仕事に忙殺され、自分を見失ってしまうこともあるかもしれません。そんな中で、物事を前向きに捉え、強いハートを持って仕事に臨む事は大きな強みとなるのです!

自分らしさがある

これが最も重要です。
アサヒビールに内定を貰う学生は総じて皆優秀です。
では、優秀であればアサヒビールから内定を貰えるのでしょうか?
答えはそうではありません。優秀なことは前提として、+他の誰でもない自分らしさ が求められるのです。今一度「他の誰にも無い、自分らしさとは何なのか」を追求してほしいと思います。

総括

いかがだったでしょうか。
最初に書いた通りこのコラムは就職活動を経験した著者によるあくまで個人的な見解ですが、もしアサヒビールの選考を受ける際には、是非参考にしてほしいです!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ