就活イベント

【就職先はパチンコ屋がオススメ?】アミューズメント業界への誤解と豊富なメリット

【就職先はパチンコ屋がオススメ?】アミューズメント業界への誤解と豊富なメリット

みなさんは自分が働く環境として、アミューズメント業界を見てみたことがありますでしょうか?
おそらく見たことがあるひとはごくごくわずかだと思います。

今回は客観的な指標から見た、パチンコ業界の企業の魅力をお伝えして参ります。
 

アミューズメント業界とは?

アミューズメント業界とは、主にレジャー・娯楽を提供する業界です。
 
パチンコ・パチスロ、カラオケ、ゲームセンター、ボーリング場など、お客様が遊びを楽しむために過ごす空間で働く業界全体を称して、アミューズメント業界と呼ばれています。
 
 
今回はその中でも、パチンコ・パチスロ業界を取り上げて参ります。

長年、業界に対する誤解が根強くありましたが
実は客観的な指標をメインに見てみると、非常に優良な企業も数多くある業界ですので
「なんとなく…」のイメージにとらわれずに、興味を持って読んでいただればと思います。
 

アミューズメント業界とは?

良くある誤解

就活生のみなさんが良くお持ちの誤解として下記のものがあります。

・労働環境が悪い。
・収入が低い。
・単純な作業が多くて仕事の幅が狭い。
・玉運びが大変。たばこの煙で職場の空気が悪そう。
・反社会的勢力とのつながりがありそう。
・なんとなく悪いイメージがある。

等々…

就活生のみなさんだけではなく、
親御さんも同じように「なんとなく」悪いイメージを持ってしまっている方が多くいらっしゃいます。

良くある誤解

高い収入

日本の社会人の平均年収が約420万円と言われている中で、
パチンコ業界の店長職の平均年収は約600万円と言われております。
 
さらに、店長職になれるかどうかは店舗での接客や店舗環境・職場環境の改善、販売促進などの業務について評価されるため、年齢も学歴や学歴だけで判断されることはありません。
20代で店長職につく方も多くいらっしゃいます。
 

高い収入

市場規模

パチンコ業界の市場規模は約19兆円程度あり、
これは家庭用ゲーム機・オンラインゲームの業界(約12.5兆円)よりも大幅に大きな数値であり、
家電小売市場(約7.4兆円)と比べてもの2倍以上の規模があります。
 
 
今後はパチンコ業界をはじめとしたアミューズメント業界がほかのさまざまな産業と結びついて新しい価値を提供する動きも多く見られています。さらなる高齢化社会を迎えるにあたり、高齢者の余暇の過ごし方を支える有望な業界として、ニーズが高まることも間違いない状況です。

より発展し、多様性を増していくアミューズメント業界は、今まで以上に有望な人材が求められていると同時に、働き手としても非常にやりがいのある魅力的な業界となっていると考えられます。

市場規模

少しでも興味を持った方は優良企業約10社が集まるアミューズメントサミットに参加してみましょう!

そんなパチンコ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ