/category/event/post-27495/

就活イベント

  • お気に入り
  • 314SCORE

コンサルティング業界で働くためにすべきこと

コンサルティング業界で働くためにすべきこと

コンサルティング業界は、比較的若い人が多く、外資系のファームは、40代や50代の若い社長が活躍しています。
 
また、年功序列ではなく、たとえ若くても実力があれば、確実に昇進できます。
 
さらに、外資系トップファームのコンサルタントの平均年収は、1,000万円を超えることもざらにあります。
実力が伴わなければ、大きな収入を得ることはできませんが、一般的な業種とくらべると、高い報酬が期待できます。
 
もちろん、メリットばかりではありません。
 
大変多忙な業種としても有名で、プライベートな時間はほとんどない覚悟が必要です。
 
また、ストレスもたまりやすく、心の病にかかる新入社員も多いです。 
 
それでも私がやはりコンサルティング業界に行きたいと考えたのは、さまざまな人と出会い、刺激を感じる仕事をしたいと思ったからです。

コンサルティング業界を理解する上で有効なイベント

コンサルティング業界で働くためにどうすればよいのか、情報を収集していたころ見つけた、申し込み先着30名限定のコンサルティングセミナー。
 
参加費は無料で、開催場所は東京でした。
 
コンサル業界や経営幹部候補採用試験の紹介セミナーで、マイナビ、リクナビに掲載されていない非公開求人や日本企業の時価総額上位20社のうち、15社を主要取引先に持つ経営コンサル会社などを紹介しています。

必要な情報を取捨選択する

このセミナー限定の採用枠となっている企業もあります。
 
就職活動での内定獲得は、情報収集能力が鍵を握ります。
情報はあふれていますが、本当に必要な情報は限られています。
 
先着30名。迷っている暇はありません。颯爽と内定を決め、内定を友人に報告したら、友人はどんな反応をするでしょうか。
 
その会社、どこで知ったの?と聞かれるかもしれません。だって、いわゆる就職サイトには掲載されていないのですから。

数多くの会社の中から自分に合う企業を探す

日本だけでも400万以上の会社があります。その会社を知らなければ、活動もできません。
 
今はあまり知られていない会社でも、将来、誰もが知る会社に成長することはあります。
 
また、業界では有名な会社が、大手就職サイトに登録されていないこともよくある話です。
 
 
コンサル業界や経営幹部候補採用試験の紹介セミナーは、業界最大手の経営幹部採用企業と出会えるまたとないチャンスです。
チャンスを掴んで、とにかく活動しましょう。
 
履歴書、試験、エントリー。パソコンと向き合っているだけでは、内定は掴めません。
セミナーや企業説明会に参加して道は開けるのです。

就活も仕事も似ている

コンサルティング業界で一般的に行われるケース面接で採用者によい印象を与えるために、色々な業界に興味を持ち、知識を得ていることが必要とされています。
 
セミナーや企業説明会に参加することで、新しい発見や知識が増えていきます。
 
目標を明確にし、その目標に向かって、細かくスケジュールを設定し、目標を達成できる人材をコンサルタント業界は求めています。
 
 
就活も同じです。
 
内定という目標にむけて、どう動くべきか、何をするべきか、細かく計画を立て、一つ一つ実行していきましょう。

まずは行動する

まずはじめのミッションは、コンサルタントセミナーへの申込みです。
 
セミナーへの申込みの後、セミナーに参加する企業の情報収集をしましょう。
 
サイトで紹介されている企業に関しては、念入りに調べて、質問したいことなどをまとめましょう。
 
人と差がつく就活で、夢を掴みましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ