就活用語集

【就活用語集】応用編

【就活用語集】応用編

OB訪問

所属大学出身者の社員を訪問すること。説明会では分からない企業の情報を知ることができたり、希望すれば選考対策をしてくれることもあるので、志望度の高い企業では積極的に行ったほうが良い。
やり方は、大学のキャリアセンター(就職課)にあるOB名簿や、サークル・ゼミの先輩を通じて紹介してもらうのが一般的。

社員さんは仕事で忙しい中、後輩のためならと時間を作って会って下さるので、マナーには十分注意して依頼をしよう。

お礼メール

OB訪問をしてもらった後に送るメールのこと。メールをひとつ送るだけで受ける印象がとてもよくなるので必ず送るようにしよう。メールをするのは会ったその日中か、遅くとも翌日にするようにしよう。

また、就活終了時にはお世話になったOBの方には進路を報告するのがお勧め。たとえ自分の就職先がOBが所属する企業ではなかったとしても、今後仕事で関わることが無いとも限らない。
お礼メールはしすぎて損することは無いので、積極的に連絡するようにしよう。

IR情報

企業が株主向けに公開している企業情報。上場企業は必ずホームページ上に公開されている。
IR情報は難しそうだから、、、と目を通さない就活生がほとんどだが、特別な知識が無くても理解できる箇所はたくさんある。
特に中・長期経営計画を見れば今後の企業の方向性が分かり、企業研究に大変役立つ。
中には業界の展望や競合他社との違いについて詳しく解説している企業もあるので活用していこう。

新聞

就活生の場合、全国紙だけではなく日本経済新聞を読むことをお勧めする。日経は企業情報の宝庫であり、志望企業の動向が一目で分かる。
面接の際に「最近気になるニュースは何ですか」という質問をされることもあるため、新聞を読む習慣をつけよう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ