就活用語集

【就活用語集】オヤカクって?

【就活用語集】オヤカクって?

オヤカクとは

オヤカクとは、内定を出した学生に対し、内定者の両親も入社することに対して賛成しているかを確認することです。多くは面接の中で「親御さんは弊社の選考を受けていることについてどのようにお考えですか?」といった質問をして確認してくる場合がほとんどですが、中には内定後に直接内定者の親に連絡を取って入社に対して賛成しているかどうかを確認する企業もあります。
オヤカクの程度は企業によって異なりますが、筆者も多くの企業で両親のことは聞かれました。

オヤカクが必要になった理由

なぜ企業側はそんなにも両親の意見を気にするのか。それは「両親の反対を理由に内定辞退をする学生が後を絶たないから」です。
就活生の多くは選考において親の意見を重視します。両親は一番身近にいる社会人ですし、人によって進行具合が違う就活状況を、あまり友達にはオープンにしない傾向があります。
ただ、親が就職活動をした時代と今では社会状況・価値観が変化しつつあります。多くの親の中にある「大手企業に行けば終身雇用で一生安定している」という考え方は、今では通用しなくなってきているのが現状です。そのため、特に中小企業やベンチャー企業に進む道を考えている就活生は、親からの反対に悩むケースが多いです。
このような背景から、親の意見によって就職先を決める学生が多く、親の反対があった場合に内定辞退されてしまう確率が高いため、企業側はオヤカクを実施せざるを得ないのです。

オヤカクへの対応

もし面接の時に「ご両親は弊社の選考を受けていることに対してどのような意見をお持ちですか?」と聞かれた場合には、必ず「応援してくれています!」とはっきり伝えるようにしましょう。例え家族に全く就活の相談をしていなかったとしても、それを正直に伝えるよりは、応援してくれていると伝えたほうが選考に落ちるリスクを避けることができます。

オヤカクはしないと明言する企業も

面接において、家庭環境といった選考生以外のことを聞くのは良くないという考え方もあります。そのため、「面接において家族のことなどの直接あなたとは関係ないことは聞かないので安心してください」と言ってくれる企業もあります。そういった企業はしっかりと選考生自身を見ようとしているのが伝わるので、信頼できると考えてよいでしょう。
オヤカクはされて気持ちの良いものではありませんが、もしされても問題なく対応できるように知識として頭に入れておくようにしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ