就活用語集

【話題沸騰中】「オワハラ」ってナニ!?

【話題沸騰中】「オワハラ」ってナニ!?

みなさん「オワハラ」という言葉を聞いたことがありますか?
今から2年前の就職活動期では「オワハラ」というものが問題になっていました。
現在はあまりないとは思いますが、「オワハラ」とは何なのか?
それに遭遇しないためにはどのようにすればよいのか?などをお教えしたいと思います。

■「オワハラ」とは??

就活終われハラスメントの略です。
内定を出す際や出した後に、「せっかく内定を出したのに、他社に取られたくない」という企業側の考えから、他社の選考を受けさせないようにするために行われる行動のことです。

大体の就活生の方は、受ける企業を絞り込みすぎるのを避けるため、少しでも良いと思った企業の選考を受けていく思います。
そして大抵の場合は「御社が第一志望です!」とアピールすると思います。
企業側はそこを突き、「内定あげるから~」と就活生が欲しくてたまらない内定を餌に、自社に入る気はあるのかを見抜こうとします。

■オワハラのパターンその①「辞退するよね?当たり前だよね?」

選考の際に、
「うちへ来るんだから、他社の選考は受けませんよね?」
とジリジリと精神的な攻撃を仕掛けてくるオワハラです。

辞退をしろと直接命令はしてきませんが、「辞退するよね?当たり前だよね?」という雰囲気を出し、同意を求めてきます。
この場合、いくら食い下がっても暗に辞退させる雰囲気を出してきますので、
対策として「就活やめます。御社に入社します。」と伝えてまず内定をいただき、その後は確認を取っては来ないので、就活をそのまま続行しましょう。

■オワハラのパターンその②「今この場で辞退しろ!」

まず選考の最中に、
「弊社以外でどのような企業を志望していますか?」
「他社の選考状況はいかがですか」
などと質問をし、具体的な企業名や選考状況を聞き出します。

その後、
「弊社以外の受けている会社にこの場で電話して、辞退していただければ内定をあげますよ」
と条件を出し、辞退を強要するパターンです。
このようなことをいいで出す企業自体に入社することはおすすめしませんが、どうしても内定が欲しい場合はその場で電話するしかないようです。

ここで厄介なのは、
「電話番号が分からない」
「繋がらない」
という理由は通用しないということ。
具体的な企業名を伝えていない場合、対策として志望度の低い企業に電話をし、辞退している姿を見せて納得してもらうという方法があります。

どうしても入りたい第一志望の企業である以外の場合は、内定を貰えなくてもいいを腹をくくる方が良いでしょう。

■オワハラのパターンその③「内定者向けイベント」の嵐

懇親会や社員からの食事のお誘いなどで、企業との親睦を深めさせ、内定を断りづらくサせる心理的オワハラです。
「社員さんに良くしてもらったから…」
「断わったら申し訳ない…」

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ