/category/industry/post-54252/

業界研究

  • お気に入り
  • 0SCORE

【理系学生必見】「生産技術職」のやりがい・業界ごとの特徴とは?

【理系学生必見】「生産技術職」のやりがい・業界ごとの特徴とは?

PR

メーカーへの就職を志望する理系学生にとって、研究職とおなじく人気のある「生産技術職」。
実際、理系学部・院卒の先輩の中にも、研究職と生産技術職の両方にエントリーし、最終的にどちらかに決めた人も多いのだそう。
 
しかし、生産技術職の業務範囲や仕事内容・進め方などは、業界や企業によって様々であるため、なかなかイメージしづらいこともあるようです。
 
“業界による違い、適性、キャリアパスなど、生産技術職のことをもっと知りたい!”
“生産技術職に興味があるけど、志望動機をより明確にしたい!”
 
そんな学生さんのために、SCIENCE SHIFT編集部から情報をお届けします。
 
今回、製造業のプロとして様々なメーカーの製造プロセスを熟知し、各業界・企業へコンサルティングなどを行なっている「一般社団法人日本能率協会」さんへお話を伺いました。
「生産技術職とは何か?」といった基本的なお話から、業界ごとの特徴や仕事のやりがい、日本の生産技術のレベルや今後の課題など、多岐にわたり質問してきました!

この記事では、以下内容をご紹介します!

◆生産技術職とは、どんな仕事?
◆業界によって、生産技術職はどう異なる?
◆製薬・化粧品・トイレタリー業界における生産技術職の特徴は?
◆世界に比べ、日本生産技術のレベルは?
◆生産技術を学ぶ上で、知っておくべき歴史的なトピックは?
◆生産技術の現場で起きている変化は?

続きは以下よりご覧ください!(ユーザー登録不要)




SCIENCE SHIFTのサイトで続きを読む



関連記事

ページトップ