内定者インタビュー

【マスコミ就活】マスコミ内定者100人に聞いた!!「学生時代頑張ったことランキングBEST20」

【マスコミ就活】マスコミ内定者100人に聞いた!!「学生時代頑張ったことランキングBEST20」

就活において学生からの人気が特に高い「マスコミ業界」。
なんとなく、内定者も華やかなイメージがありますよね。
 
そこで今回は、そんなマスコミ業界の2015年度の内定者計100人にアンケートを取ってきました。
今回アンケートを取った内定者は、主に以下の企業の内定者達です。
 
朝日テレビ、日本テレビ、TBS、フジテレビジョン、テレビ東京、電通、博報堂、ADK、朝日新聞社、読売新聞社、毎日新聞社etc…

上記の企業の内定者計100人に、
「学生時代頑張ったことを1つ挙げるとすると何ですか?」という聞き取り調査を行いました。
 
それでは気になる結果を見ていきましょう!
 

 
 
以上のような結果となりました。
 
 
まずはランキング上位を見ていきましょう。
 
1位は「部活(体育会系)」、2位は「サークル(スポーツ系)」となり、全体の1/5にあたる100人中20人が、
大学時代に最も力を入れていたことに「スポーツ」を挙げました。
 
では、そんな内定者達の声を聞いてみましょう。
 
 
 

 
 
以上のような結果となりました。

大学時代スポーツをやっていた学生は、激務として知られるマスコミ業界に最も必要な「体力」そして、
困難や逆境に打ち勝てる「精神力」を持っているからこそ内定を獲得できたと言えるのではないでしょうか。
 
また、ここで紹介した「野球」「水泳」「テニス」「サッカー」以外にも、
「陸上」「バスケ」「スノーボード」「卓球」「競技自転車」「空手」「バレーボール」「柔道」「アメフト」「ダンス」「マラソン」「ソフトボール」「アルティメット」など様々でした。
 
 
 
 
 
 
では次に3位の「長期インターンシップ」「アルバイト(飲食店)」を見てみましょう。
 
 

 
 
以上のような結果となりました。
 
 
まず「長期インターンシップ」では「広告系の会社でのインターンシップ」が最も多く、60%以上が広告系の会社でのインターンシップを行ったと答えました。ちなみにこういった学生は、やはりインターンの特質上「広告代理店」やWeb広告などの「専門広告会社」に内定を貰うことが多いようです。学生の中には「インターンからそのまま内定を貰った」と答えた者もいました。
 
 
次に「アルバイト(飲食店)」では、マスコミという華やかなイメージとは対照的に「居酒屋でのアルバイト」や「定食屋でのアルバイト」と答える学生もいました。しかしそういった学生に共通していたのは、コミュニケーション能力がとても高いことです。ひょっとするとこういった日々のアルバイトを通じて、コミュニケーション能力を向上させていたのかもしれませんね。
 
 
 
 
ではその他のランキングを見ていきます。
 
 

 
5位 研究活動

大学時代はひたすら両生類の研究をしていました。毎日毎日研究室に引きこもっていて、唯一の楽しみが研究の合間に見る

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ