就活編面接対策

【ブライダル業界の雄】ノバレーゼ 選考情報まとめ

【ブライダル業界の雄】ノバレーゼ 選考情報まとめ

革新的なサービスや他社とは一線を画す出店戦略でブライダル業界をリードするノバレーゼ!ブライダル業界内だけではなく、ユニークな会社制度などでも注目されています。
「働きがいのある企業」などにも選出され、度々メディアに登場する人気企業!!
今回は実際に私が内定を頂くまでに感じたことを、面接の流れに沿って率直にまとめています!是非、御覧下さい!

■選考全体の流れ

説明会→ES→1次面接(人事部)→面談(社員)→最終面接(社長)→内定

■1次面接

【人数】社員(人事部):学生=1:3
【時間】30分
【形式】集団面接
【内容】
自己紹介→ESに沿って質問
【所感・アドバイス】
なぜ?どうして?と深堀りをされるので、上っ面なアピールは通用しない。
しっかりと自分の経験を、自分の言葉で語るべし。
【備考】
結果連絡:1週間

■面談

【人数】社員:学生=1:1
【時間】60分
【形式】面談形式
【内容】
お互いの自己紹介→以降、質問タイム
【所感・アドバイス】
1次面接を通過すると、担当者(人事部)が付いて、リクルーターのような役割を担ってくれる。
そのリクルーターから「話をしてみたら?」というスタンスで、社員との面談が設定される。
本社勤務社員から、現場の営業マンまで会える社員は様々で、学生の志向によって異なり、また学生の志望度合いによって、回数も異なる。
場合によっては、会場見学などもさせてもらえるので、現場の雰囲気を生で感じることができて、是非活用するべし。
選考には関係はありません、と言われるものの面接、選考活動の一環であることを忘れずに。
【備考】
結果連絡:随時面談が設定される
少ない学生で2~3回、多い学生で7~8回程度で最終面接へ進む。

■最終面接

【人数】社長:学生=1:1
【時間】30分
【形式】個別面接
【内容】
自己紹介→「同社で何をしたいか」「ここにいる理由は」「アピールポイント」など
【所感・アドバイス】
社長と一対一の面接になります。
自分らしい服装でと言われるのですが、節度を保ったキレイめな服装が望ましく、迷ったらスーツでも構わないと思います。
面談のフレンドリーな雰囲気とは対照的に、かなり緊張感のある面接になりますので、しっかりと社長の目を見て、プレッシャーに負けることなく情熱をぶつけることが大切だと思います。
社長がドアを開けた瞬間から退出されるまで、一瞬も気を抜かない方が良いでしょう。
【備考】
結果連絡:1週間

■選考全体所感・アドバイス

選考の特徴としては、1次面接の後に必ず面談が設定されていることです。
学生により会う社員(部署)・回数はばらばらですが、ざっくばらんに話を聞けるので、遠慮せずに何でも質問すると良いと思います。
面談や面接では「なぜそうしたの?」「どうしてそうしたの?」

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ