就活編面接対策

【就活エリートに聞く!】圧迫面接の必勝法

【就活エリートに聞く!】圧迫面接の必勝法

こんにちは。

関西就活ライターのあざらしさんです。

就職活動が解禁されてから、
早いものであっという間に6月が終わろうとしています。
就活生のみなさんはどうお過ごしでしょうか。

さて、去年の12月より”自称就活生”として多くの面接を経験してきた筆者。

実はすでにIT系企業より複数内定を獲得し、就活を終了させています。

そんなワケで、就職活動真っ最中の同級生や来年に控えた後輩から体験談を聞かれ、
その中でよく質問されるのが
「圧迫面接ってどんなんなん?」
「圧迫面接とか経験したことある?」などといった質問です。

もちろん筆者には圧迫面接の経験はあります。

R社のインターン最終面接とか、、、L社の2次面接とか、、、

そういうわけで今日は圧迫面接とはそもそもなんぞや。
そういった面接に直面した時どのように切り抜ければいいのかを
筆者の経験談も交えてお話しできればと思います。

【圧迫面接ってそもそもなに?】

Wikipediaさんによると
【圧迫面接とは面接で受験者に対して、わざと意地悪な、もしくは威圧的な内容の質問や反論をし、これに対する応答・対応を評価する面接のこと。】とあります。

元はアメリカ企業で採用された面接方法であり圧迫面接の目的としては

・模範的な回答しかしない受験者に対して本音の話を聞く。

・どんな状況であっても相手に対して自分の考えをしっかりと伝えられるかどうか。

・感情的であるかどうか。

などなど、、、

上記にあるように、面接官にはしっかりとした目的があり
本当のあなたを見たいがためにわざと冷たい態度をとっているんです。
決してあなたのことを落とそうとしているのではないということを覚えておいてほしいです。

言ってしまえば、小学生の時に好きな子に対してわざと意地悪をしてしまう子供と同じです。
本当は相手のことを知りたいだけなのにツンツンしてしまう。ツンデレ面接ですね。

【圧迫面接ってそもそもなに?】

【実録】これが王道圧迫面接だ!

実際に筆者が経験した圧迫面接はこんな感じ。

面接官「まず自己紹介して」

僕「はい、どこどこ大学3回生の〜、、、です」

面接官「ふ〜ん、で?なんでうち受けたの?」

僕「僕にはこういった経験がありまして〜それで、、、」

面接官「別にうちじ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ