就活編面接対策

【選考対策】面接の前日にこれをやると必ず失敗する3つの対策!!

【選考対策】面接の前日にこれをやると必ず失敗する3つの対策!!

こんにちは。
 
関西ライターのあざらしさんです。

6月から選考解禁し、面接が続々と入っている方がほとんどだと思います。
 
面接では面接官に自分がどういう人間なのか、今までの人生で何をしてきたのか。
などといったことをしっかりと伝えなければなりません。
そのためには面接の日までにしっかりとした対策をする必要があります。
 
そこで今日は面接を控えた就活生のみなさんに、面接前にこれだけは絶対にしては
いけないという3つの間違った面接対策をご紹介したいと思います。
 

企業概要や自己アピールなどを一言一句暗記する。

多くの就活生が陥りがちなのがこれです。
実際に筆者も最初は覚えようとしていました。
 
 
しかし、よく考えてみてください。面接というのは大勢の人のまでやるスピーチではありません。
面接官との1:1のコミュニケーションであり、会話のキャッチボールなのです。
 
 
仮に覚えていったとして、自己アピールの最中に面接官から質問が飛んできたり、
話が別の方向にいってしまったりすることは日常茶飯事です。
その時、果たして対処ができるでしょうか?
 
 
一言一句を覚えるのでなくて、アピールすることの概要のみを頭にいれておきましょう。
そうすれば面接の場面に応じて言い方を変えることができるでしょうし、
どんな質問がきても柔軟な対応ができるはずです。

予想した質問内容とその答えをノートなどに全部書く。

これもありがちな対策です。
面接は決められた問題がでるような試験ではありません。
面接官という一人の人間との対話です。誰かと話をするときに
いちいち話すことを紙に書いて覚えている人がいるでしょうか?
 
 
これをしてしまうと、そのノートに書かれていない質問が飛んできたり
その質問をさらに深掘りされたときに対応することができません。
 
 
面接の後に振り返りとして答えられなかった質問やフィードバックをノートに
書いておくなどはいいと思いますが、どうしても紙に書いたものは暗記してしまいがちです。
 
 
面接は対話ですので、その場で生じた会話に適した回答を普段の会話と同じように
やればいいだけです。そこで自分の魅力を最大限アピールすることが必要です。

 
 

自分の中で定型文を用意する。

これは筆者が一番やっ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ