就活編面接対策

【最終面接通過率は50%!】最終面接で「落ちる学生」「採用される学生」

【最終面接通過率は50%!】最終面接で「落ちる学生」「採用される学生」

 
こんにちは!とっきーです。
 
就活生の皆さん、選考は順調に進んでいますか?
あとは最終面接を残すのみだ、という人もちらほらいるのではないでしょうか?
 
「最終面接は意思確認だけでしょ?」
「最終まで行ったんだからもう安心。」
そう思って準備を怠っているとしたら危ないかも知れません。
 
今回は、最終面接で落とされる人、採用される人の特徴をまとめてみました!
良くない特徴に自分に思い当たる節があったなら、最後の戦いに備えて修正しましょう。
 

最終面接の通過率は50%

 
最終面接には2つのタイプがあります。
  1:選考をして内定者数を絞るタイプ
  2:ほぼ内定は決まっているが、意思確認のために行うタイプ

最終面接でも選考をする企業は書類選考、一次面接、二次面接の各段階である程度人数を絞り最終面接の通過率を50%ほどにしている企業が多いです。

人気な企業ほど応募者が多い中で内定をもらえるのは限られた
通過率が同じ50%であっても人気企業の場合は落ちる人数はその分多いです。
 

最終面接の通過率は50%

採用されない人の特徴5選

 
① 「話を聞いていない人」
質問に答えた後に面接官の話を上の空で聞いている人は、会社に興味のない人に思われても仕方ないです・・。
 
② 「謙虚とネガティブを履き違えている人」
ネガティブな発言はしてはいけません。たとえ根拠がなくても自信が感じられない人に仕事は任せられないですよね。
 
③ 「人の目を見て話せない人」
目を合わせて話ができない人は今から練習しておきましょう!目が泳いでしまっていてはマイナスです・・。
 
④ 「自己アピールしかしない人」
自分を売り込む場ですので、自分の話をするのは当然ですが、基本は面接官とのコミュニケーションが円滑に取れる人でないと評価は下がってしまいます。
話の流れをしっかり考えましょう。
 
⑤ 「論理的に話せない人」
 社長や役員が志望動機がどれだけ本気なのか、本当に優秀な人材なのか見抜くために深く掘り下げた質問をしてきたときに、根拠のないあやふやな答え方をしてしまっては、受かることはできないでしょう。
 

採用されない人の特徴5選

採用される人の特徴4選

 
採用されない人の特徴の反対を考えても分かりますが、以下の5つの特徴を持って面接ができた人はきっと内定をいただけるでしょう!

① 「熱意が感じられる人」
最後は熱意の感じられる人が受かる!
 
② 「志望度の高さが感じられる人」
「第一志望は御社です!」と本気で思っている人からは志望度の高さが感じられるそうです。志望動機と自己分析がしっかりできている人はきっと面接官も分かってくれます!
 
③ 「価値観が共有できそうな人」
最終面接で採用しない人の特徴に、企業と学生との価値観の違いを挙げる人事の方が多いそうです。「今日はやけにすらすらと話ができた」というときは、企業側との価値観が合っていることが多いそうです
 
④ 「社

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ