面接対策

  • お気に入り
  • 12SCORE

【面接で専門用語は禁止?!】就活でゼミ研究を100%評価してもらう方法

【面接で専門用語は禁止?!】就活でゼミ研究を100%評価してもらう方法

 
こんにちは!とっきーです。
突然ですが、みなさん大学でゼミの授業を取っていますか?
面接では学業で頑張ったことについて聞かれる場合があり、
ほとんどの人はゼミのことについて話すのではないでしょうか!
 
せっかくゼミを頑張ってきたのだから、その頑張りをちゃんと評価してほしいですよね!
ということで、今回は面接官にゼミ研究について話す時に気をつけたいことについてお話したいと思います。
 
画像引用:http://footage.framepool.com/ja/shot/618827771-literature-school-book-bookshelf-homework
参考資料:http://kenjasyukatsu.com/archives/364

【なぜゼミ研究内容を聞くのか?】

 
面接官がゼミの研究に内容について聞く意図は3つあります。

① まじめかどうかを知りたい!
 面接官は、学業にまじめに取り組む学生を、仕事もまじめに取り組む人材だと判断するようです。研究内容について熱く語れる人はそれだけ学業に打ち込んだと評価してもらえるでしょう!
 
② 説明力があるかを知りたい!
説明力は社会にでてからとても大切な力です。
社内のチームワークのため、営業など、すべての業務において大切です。
ゼミの研究内容を聞くことがその力があるかどうかを見定める有効な手段なのです。
 
③ 学ぶ力・成長力を知りたい!
大学の本分は学業で、かつ最も力を入れるであろう専門的な学問がゼミ研究ではないでしょうか。このことから、学習に対する姿勢であったり、その中でどのように考えて自分なりに工夫してきたか、などを総合的に見ることで、会社に入った後のその人の働き方を想像出

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ