就活編面接対策

面接で「弊社が第一志望ですか?」という質問に対する模範解答は?

面接で「弊社が第一志望ですか?」という質問に対する模範解答は?

新卒の学生は就職活動の時にはまず志望企業を選びますが、これが一つという人はまずいません。事前のOB訪問や興味のある会社訪問などは複数に渡るでしょうし、多い人だと30社以上もの会社訪問をする学生だって全然珍しくはありません。
どの企業を志望するにしても実際に会社訪問してみたり面接でその会社の人間と直接話してみたりしないと、どのような会社なのか?どのような社風なのか?という点はなかなか見えてこないものです。
そういった意味でも複数の、なるべく多くの企業の入社試験を受ける事は一般的です。特に面接は練習しないとなかなか上手く話せないものです。
そのため第一志望である企業の面接の前に何社か面接をしてみて練習しておくのは有効な手段といえます。
そのためにもなるべく多くの企業を志望候補にする事は決して悪い事ではありません。

第一志望では無い企業の面接で、第一希望はどこですか?と聞かれたらどう答えるか?

上記でも解説したように複数の企業の面接を受ける事は悪い事ではありません。その企業の面接が完全に練習目的であったとしても、採用する側も毎年新卒募集を行っている企業であればそういった新卒学生の就活事情は充分理解しているはずです。
そこで、練習という意味合いの強い面接の場で、「弊社が第一志望なのですか?」といった質問にはどう答えればいいのか?という問題が生じます。
当然のことながら「今回は練習のつもりで来ました。御社が第一希望というわけではありません」などと正直に答えたら確実に落とされます。
どうせ今回は練習だから落ちても構わないという考え方は少々乱暴といえるでしょう。
練習といえども内定を取れるように全力で挑んでこそ実のある練習になるというものです。
この場合の理想的な答え方は「御社を第一志望に考えています」でOKなのです。どこの企業を何社受けても、この場合の回答は「御社が第一志望」が原則です。
たとえその企業が志望企業の中でもっとも下位の志望企業だとしても真顔でそう答えられるようでなければビジネスマンは務まりません。
どうしても正直に答えないと気がすまないという人はビジネスマンには向いてない性格なのかもしれません。
現実問題としてとりあえず志望順位はつけてみたけど面接で何社か周ったら志望順位はどんどん変わってくるという事はよくある話です。むしろある程度そのようになるのがアクティブな就活の形といえます。

第一志望では無い企業の面接で、第一希望はどこですか?と聞かれたらどう答えるか?

まとめ

練習のつもりで行った会社が実際に面接を受けてみると担当した面接官が面白い人物でその企業の社風にもとても好感がもてた、などという話は定番の就活あるあるです。
以上のような意味からも就活では何社も回るのはとても有意義な事です。実際に志望したとしてもその会社の本質的な内情は面接を受けるなりして社員と話してみないとほとんど何もわからないといっていいでしょう。
つまり面接前の段階での志望順位はあくまで暫定的なものなのです。
その順位を決めるためにも何社も回って面接を受けてみましょう。もしかしたら次に面接を受ける企業が第一志望となるかもしれません。つまりこれから受ける会社はすべて第一志望になり得る可能性がある、という考え方で臨むのが正解なのです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ