面接対策

  • お気に入り
  • 81SCORE

【印象操作で内定獲得!】面接官の記憶に残る話し方

【印象操作で内定獲得!】面接官の記憶に残る話し方

面接でうまく話せない…というのは多くの人が持っている悩みです。
せっかく時間をかけて対策をして、準備をしても、面接でうまく話せなかったら台無しです。
自分の伝えたいことを正確に伝え、そして面接官の印象に残るためにも、上手な話し方を身につけましょう。

論理的に話す

話をうまくまとめるには、論理的に話すことが必要です。面接で緊張していると、支離滅裂な文章になってしまうことも少なくありません。
そこで、ナビゲーター話法というものを紹介します。これは、自分が今から何を話すのか、ということを相手に、そして自分にも伝える話し方です。
どういうことかというと、「結論から言えば」「なぜならば」など、次に結論が来る、次に理由が来る、とわかるフレーズをまず言うことによって、どこが重要なポイントかを示し相手の注意を促します。それと同時に、自分の中でも次に何を話せばいいのか整理をすることが出来、論理的に話すことができます。

発声と発音

どんなに素晴らしい話をしていても聞き取れなかったら意味がありません。
ハキハキと、聞き取りやすい声で話しましょう。
自信を持った声で話せば、話す内容も自信を持ったもののように聞こえます。
自分の声に自信がない人は腹式呼吸や発音の練習をすると良い

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ