/category/interviewing/post-44023/

面接対策

  • お気に入り
  • 324SCORE

【押しまくれ!】面接前に押すべきリラックスのツボ

【押しまくれ!】面接前に押すべきリラックスのツボ

面接前、どうしても緊張してうまく話せない…なんて人、多いですよね。
そんな時に簡単に押せる、リラックスのツボを紹介します。
面接前の待機時間にこのツボを押して、リラックスして面接に臨みましょう。

【労宮】

手のひらのほぼ真ん中、中指と薬指を軽く曲げて、その先端がつく所にあります。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=lCCIQdirIJg
 
 
交感神経の興奮を抑え、緊張を緩和させます。また、血行を良くし、疲労回復にも効果があります。

ここをじっくり押して、ゆっくり離すのを繰り返しましょう。

【労宮】

【内関】

手首の横じわから、人差し指、中指、薬指の三本(二本)の横幅分、肘方向にいったところで、二本の太い腱の間にあります。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=_vVHJeQMuVc
 
 
イライラや気分の動揺を静めてくれます。また動悸の安定にも効果があります。
内臓機能に深く関係するツボなので、緊張して胃が痛くなる人におすすめです。

親指で強く指圧したり、ぐりぐりと刺激したりしましょう。

【内関】

【神門】

手首の横じわの小指側の端にある骨と筋との間の窪み(突き出ている骨の根元)にあります。

参考動画:https://youtu.be/G44StuSKcQM
 

神経の高ぶりを鎮めて興奮を抑えてくれます。動悸や赤面、不安な時などにも効果的です。
副交感神経を優位にします。

親指でグリグリとゆっくり円を描くように指圧しましょう。

【神門】

【合谷】

手の甲側の人差し指と親指の2本の骨の合流地点から少し人差し指よりにある、くぼみです。親指で押してみるとじーんと感じます。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=fUmltDw00BQ
 

精神的な不安の解消に効果的で、筋肉の弛緩により肩こり首こり、目の疲れ、頭痛にも効きます。

人差し指方向に押し上げるようにして指圧しましょう。

【合谷】

ほんとに効果はあるの?

ツボは「神経の分岐点」と言われています。
ツボを押すことで神経の興奮を鎮めリラックスすることができます。

これは深呼吸も同様で、リラックスに効果があります。
 
 
ただしこれは、あくまでその場しのぎの改善法でもあります。
 
 
でも会社の人、目上の人と話す機会があった時、この方法を使って落ち着いて話す経験ができると、次の機会では緊張も少し和らぎます。
なるべくたくさんOB・OG訪問や説明会に足を運び、落ち着いて話せた経験を積みましょう。

選考が進んで面接が始まるころには、ツボなんか押さなくても、リラックスして話せるようになっているかもしれません。
あがり症だからと言って逃げずにチャレンジして、克服しましょう!

ほんとに効果はあるの?

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ