/category/interviewing/post-48917/

面接対策

  • お気に入り
  • 741SCORE

絶対に知っとくべき面接の基本

絶対に知っとくべき面接の基本

しゃべり過ぎない

企業の採用面接は、面接官と学生のコミュニケーションの場です。一方的に話し過ぎないようにしましょう。
人の話を聞くのは、3分が限界だと言われています。ましてや、みんながみんな似たような話をする就活生の話です。長く話すことは良い印象に残ることはありません。話したいことを簡潔にまとめましょう。

どんな質問に対しても、1分以内で答えられるように対策しておきましょう。

質問に対しては結論から答える

例えば特技を聞く質問に対して、
「私は○○なので、○○が得意です」
と答えるのではなく、
「私が得意なのは○○です。その理由は○○だからです。」
というようにしましょう。

面接官がほしいのはあなたの質問に対する回答です。相手が最も知りたいことに対して答えてあげるというのは円滑なコミュニケーションをしていく上で大事です。まず質問に答えてからその理由が必要であれば言うようにしましょう。

大事なのは「質問に答えること」ではない!

多くの学生が、「質問にちゃんとこたえられるか」という見当違いの心配をしています。
しかし、面接は「質問にちゃんと答える場」ではありません。

面接は「自分を企業に売り込む場」です。そのなかで質問に正しく答えることは必要になりますが、それでは不十分です。学生が心配すべきなのは「自分をちゃんとうりこめるか」ということです。

常にその目的・ゴールを見失わないような面接対策をするようにしましょう。

面接において大事なのは慣れ

面接に慣れると、多くの面接は自分のイメージどおりに進むことになります。早い段階でこの境地に達し、内定をもらうにはやはりたくさんの練習をつむ必要があります。そしてその環境はあなたのまわりにいくらでもあります。

友達に面接官をやってもらったり、もしくは無料のリクルーターサービスは調べればすぐに出てきます。ベストを尽くしましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ