/category/interviewing/post-50124/

面接対策

  • お気に入り
  • 1000SCORE

言ってはいけない面接NGワード

言ってはいけない面接NGワード

知らずのうちに・・・

いよいよ就職活動が最盛期を迎えてきました。
希望の企業から内定を獲得してウキウキな学生がいる一方で、「全然内定がもらえない」「面接の手応えはバッチリなのに落ちる」という方も多いのではないでしょうか。それはもしかすると知らず知らずのうちに人事に嫌がられるワードを発しているのかも!?そこで今回は、学生はあまり気づいていない、面接NGワードをご紹介します。

「あの~」「えっと~」「いや~」

言ってしまいがちですね。質問の答えが出てこない場合によく言ってしまいます。しかも、これは癖になっていて自分で気付いていない場合が非常に多いです。質問に対しての回答にこの言葉を付けると、どこか自信がないように感じてしまいます。沈黙の間がイヤな気持ちも分かりますが、これは避けたいですね。そうであれば、「はい、~」や「○○○に関しては、~」など決してNGワードを発さないという意識が大切です。

「御社で働けるなら何でもします」

絶対NGです!具体的には「営業でもエンジニアでもどちらでも構いません」など。これは、就活がだんだん後半期に入ってきて、内定がなかなか貰えない学生に多いですね。「どうしてもこの会社で就活を終わりたい」という気持ちが全面に出てしまって、人事からすると「とりあえず入社できればいい」という風に聞こえてしまい、印象が悪くなってしまいます。内定が欲しいのは分かりますが、会社に入って何がしたいのか、という所までしっかり伝えるようにして下さい。

「スケールの大きい仕事がしたいです」

「入社したらどんな仕事をしたいですか?」という問いに対しての回答です。これは意外かもしれませんがNGワードです。抽象的過ぎますよね。人事としては、仕事を理解する前から、夢ばかり見ているなと感じてしまいます。さらに、スケールの大きい仕事なら他の会社でもできませんか?と考えてしまいます。なぜこの会社で働きたいのか、ということをきちんと伝えましょう。

いかがでしたでしょうか?知らず知らずのうちに言ってしまっているワードがありませんでしたか?言ってしまっている方はもしかすると、それが原因で落選しているのかも。少し気を付けるだけで結果が大きく変わるかもしれませんよ!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ