面接対策

  • お気に入り
  • 31SCORE

もう逆質問なんて怖くない!逆質問を高評価に繋げるコツ

もう逆質問なんて怖くない!逆質問を高評価に繋げるコツ

面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれて、焦ってしまった経験はありませんか?逆質問の対策を忘れていたために、最後に印象を悪くしてしまってはもったいないですよね。ここでは逆質問を高評価に繋げるポイントをお伝えします!

なぜ逆質問の時間があるの?

逆質問は【学生のための時間】です!面接は企業と学生のマッチングをはかる機会ですから、企業が学生を見極める時間であると同時に、学生が企業を評価する時間でもあるわけです。せっかく会社の社員や役員と学生が話せる貴重な機会ですから、その企業に入るにあたって抱いている疑問や不安を解消してもらいたい、という想いから逆質問の時間が設けられています。

また、逆質問をする時にはすでに学生の合否はほぼ確定しています。ですので、質問による評価を気にし過ぎたり、ここで自分を売り込む必要はありません。もちろん逆質問であまりに評価を下げるような質問をすれば合格が覆る可能性もありますが、少なくとも質問をしなかったからという理由で「やる気がない」と思われて不合格になる、といったことはありません。基本的に逆質問は自分のための時間だと捉え、気になっていることを聞いてみるようにしましょう。

何を聞くべき?

学生のための時間とはいえ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ